アルピーヌF1のフェルナンド・アロンソ 「ピアストリより僕にアドバンテージがある」
アルピーヌとウィリアムズの2023年のF1ドライバーラインナップは明確になりつつある。

ルノーが所有するアルピーヌF1チームは、すでにエステバン・オコンと2024年まで契約を結んでおり、レッドブルはアレクサンダー・アルボンのウィリアムズF1へのローンをさらに1年間延長する可能性が非常に高いようだ。

また、ウィリアムズF1は、2023年に“ローン”で別のドライバーを獲得する可能性がある。

アルピーヌF1チームは、フェルナンド・アロンソとの新しい契約を結ぶつもりであることが明らかになりつつある。つまり、エンストーンを拠点とするチームは、ルーキーリザーブドライバーのオスカー・ピアストリのための場所を見つける必要がある。

アゼルバイジャンのレース週末の報道では、F2チャンピオンであるオスカー・ピアストリを、苦戦しているニコラス・ラティフィの2023年のシートと強く結びつけた。

「僕は間違いなくプレッシャーにさらされていると感じているけど、それは翌年の契約を結んでいないドライバーにとっても同じことだ」と父親の食品会社ソフィナがウィリアムズF1にかなりの支援をしているカナダ人のニコラス・ラティフィは語った。

「改善しなければならないことは分かっているし、改善したいと思っている。現状に満足していないし、とにかく改善するための措置を講じ続けていく」

2度のF1ワールドチャンピオンであるフェルナンド・アロンソに関しては、現在のグリッド上のポジションを維持することを決意しているように聞こえる。したがって、少なくとももう1シーズンはオスカー・ピアストリのアルピーヌF1のレースシートをロックアウトすることになるだろう。

「競争力があり、旅行に苦しんでいない限り、なぜやめる必要がある?」とフェルナンド・アロンソはCorriere dello Sportに語った。

「オスカーは優れているし、チームは僕たちを自由にテストできますが、彼らは僕が何を提供できるかを分かっている。証明するものは何もないと思う」

「それだけでなく、サーキットとそれらがどれくらい多様かをよく知っているというアドバンテージがある。これは重要な詳細だ」

「僕は25歳の時からあまり変わっていない」とフェルナンド・アロンソは付け加えた。

「全般的な態度、パフォーマンスを超えた研究、レースマネジメントの決定における公平性への欲求。私のリベンジのための願望は常に生きている」

しかし、フェルナンド・アロンソは今のところ公式の契約ニュースを期待していない。

「僕にはまだ2年の猶予があるけど、決定は夏頃まで行われないだろう」とフェルナンド・アロンソは語った。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / フェルナンド・アロンソ / アルピーヌ / オスカー・ピアストリ