F1:スチュワードに暴言のフェルナンド・アロンソにペナルティを検討
FIA(国際自動車連盟)は、フェルナンド・アロンソが、スチュワードに対して暴言ともいえる言葉で批判した件を調査していると報じられている。

数日前、2回のF1ワールドチャンピオンだるフェルナンド・アロンソは、個人スポンサーのイベントでF1の新時代について「最も心配なこと」は「レースの方向性とスチュワード」だと語った。

F1は、昨年末にマイケル・マシを追放し、物議を醸したF1レースディレクターにニールズ・ウィティッチとエドゥアルド・フレイタスの2人に置き換えた。

「いろいろな変更が行われたけど、あまりうまく適応していないし、現在すべてのドライバーにとってそれは懸念事項だ」とフェルナンド・アロンソは今週初めに述べた。
はその後、フェルナンド・アロンソは、スペイングランプリの金曜公式FIA記者会見で「非常に不公平な」ペナルティについてニールス・ウィティッチとマイアミGPのスチュワードを非難した。

「無能なスチュワードだった」とフェルナンド・アロンソは語った。

「彼らはあまり専門的ではなかったと思う」

「レース後、僕たちはすべての証拠とタイムを持って行った。彼らはちょうど荷造りしていた。彼らは部屋にさえいなかった」

「彼らはその文書から取り消す方法を知らないんだと思う」

「とても酷かった。正直、それはすでに過去のことだけど、F1が現在持っているプロフェッショナリズムと基準を考えれば、F1では起こらないはずのことだ」

その発言後、フェルナンド・アロンソはアルパインF1チームのモーターホームでFIA会長のモハメド・ビン・スライエム、共同レースディレクターのニールス・ウィティッチ、エドゥアルド・フレイタスとチャットしているのが目撃された。

報告によると、フェルナンド・アロンソの軽蔑的な発言はスチュワードに照会されているという。

アルピーヌF1チームの代表を務めるオトマー・サフナウアーはフェルナンド・アロンソを擁護した。

記者会見の記録について質問されたオトマー・サフナウアーは「読ませてもらった」とコメント。

「マイアミでは、彼は2回罰せられた。その後、ノリスとガスリーが衝突したが、ペナルティはなかった。FIAは一貫性がなかったと言っても過言ではない」とオトマー・サフナウアーはASに語った。

「ミック・シューマッハは、ポイント争いをしていたベッテルを連れ出してもペナルティはなかた。では、なぜフェルナンドはペナルティを受けたのだろうか」

「フェルナンドがFIAの決定に苛立っているのは正当だと思う」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / フェルナンド・アロンソ / アルピーヌ