フェルナンド・アロンソ、初日6番手も「バランスが完璧ではない」 / アルピーヌF1チーム スペインGP 金曜フリー走行
フェルナンド・アロンソ(アルピーヌF1チーム)は、2022年F1第6戦スペイングランプリの金曜フリー走行を6番手で終えた。

アルピーヌF1チームは、バルセロナに新しいリアウイングを含めたアップデートを投入。フェルナンド・アロンソは両方のプラクティスセッションで3強チームの後ろの“ベスト・オブ・ザ・レスト”の位置につけた。

「今日は僕たちにとって妥当な日だった。2月のウインターテストの後から今までの間に車が大きく変わったので、いくつかのテストを行う必要があった」とフェルナンド・アロンソはコメント。

「僕たちはいくつかのことを評価し、タイヤを評価する通常の仕事に取り組んだ。いくつかの有用なデータを収集できたけど、明日のために車をさらに改善する必要があることは明らかだ。バランスが完璧ではないので、明日の予選に向けて最善の準備ができていることを確認するために、今夜はもっとやるべきことがある」

「グランドスタンドがいっぱいになるのを見るのは楽しかったし、明日は良いショーができることを願っている。」

初日を9番手で終えたチームメイトのエステバン・オコンは「バルセロナに戻って運転するのは素晴らしいことだ」とコメント。

「ウインターテストで最初にここで運転して以来、車がどれほど違うかを感じるのは素晴らしいことだ。間違いなく正しい方向に進化しているし、大きな違いを感じることができる」

「今日の僕たちはトップ10の候補だったように思う。金曜日にそれは常にポジティブなことだ。やるべきことはまだたくさんあるのは確かだ。今日の両方のプラクティスセッションを終えて、明日のために良いポジションにいるためにどこに集中する必要があるかは分かっている」

「全体として、今日はデータ収集の堅実な日だった。今夜は、明日の予選のために最高の状態でいられることを確認することに集中していく」

フェルナンド・アロンソ アルピーヌF1チーム スペイングランプリ

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / フェルナンド・アロンソ / F1スペインGP / アルピーヌ