「フェルナンド・アロンソはホンダF1に焦りすぎた」と元F1ドライバー
元F1ドライバーのアンソニー・デビッドソンは、フェルナンド・アロンソがマクラーレン・ホンダ時代にホンダF1の苦境に焦りすぎたことを後悔しているかもしれないと語る。

フェルナンド・アロンソは、マクラーレンのワークスパートナーとしてホンダがF1復帰した2015年に新生マクラーレン・ホンダに加入した。アロンソにとってはチームとの2度目のスティントとなった。

しかし、その後の3シーズンは悲惨なものだった。ホンダF1のパワーユニットは信頼性とパフォーマンスに欠け、マクラーレンはバックマーカーに転落した。

当時、フェルナンド・アロンソは、ホンダF1に躊躇せず、いくつかの非難を浴びせた。2015年の鈴鹿サーキットでのF1日本GPにおける『GP2エンジン』発言は、最も悪名高い無線メッセージとしてF1史に残ることになった。

マクラーレンは、ホンダF1と決裂し、2018年からはルノーのカスタマーエンジンを購入して結果を出した。

一方、ホンダF1は新たにトロロッソ(現アルファタウリ)と組み、翌年のレッドブルとの新しいパートナーシップに繋がった。レッドブル・ホンダのパートナーシップは最終的に成果を挙げ、2021年のF1世界選手権ではマックス・フェルスタッペンがメルセデスのルイス・ハミルトンを倒してドライバーズタイトルを獲得した。

この結果を念頭に置いて、2007年と2008年にスーパーアグリで21回のグランプリを含めてF1キャリアの過程でホンダとの長い関係を楽しんだアンソニー・デビッドソンは、フェルナンド・アロンソがホンダF1にもっと忍耐強くなかったことを後悔しているかもしれないと考えている。

「彼は過去1年間のホンダのパフォーマンスをどのように見ていたのだろうか」とアンソニー・デビッドソンはオランダのMotorsportに語った。

「今、フェルナンドは『もう少し辛抱強く、もう少し時間を与えていたら』と考えているのではないだろうか」

「ホンダとの過去の経験から、僕は進歩を目にするのに時間がかかることがあるけど、最終的に彼らは常にそれを成し遂げることを知っている」

「彼らに彼らの道を見つけさせ、それを彼ら自身のやり方でやらせなければならない」

「もちろん、誰も将来を見通すことはできないけど、彼が今、ホンダが非常に強力なパワーユニットを持っていることをどのように見ていたのか興味がある」

「彼は『もしマクラーレンがホンダと仕事を続けていて、僕がそこでホンダを運転し続けていたら?』といったようなことを考えているだろうか?」

「もし、彼らがまだホンダのパワーユニットをマシンに搭載して、フェルナンドがまだそこで運転していたら、僕たちはおそらく今は非常に異なるシナリオを持っていただろう」

とは言え、マクラーレンのトップへの復帰への道は、最初はルノーで、現在はメルセデスのF1パワーユニットで印象的であり、2021年のF1イタリアGPでは、ダニエル・リカルドが優勝し、2位のランド・ノリスと1-2フィニッシュを達成している。

「もちろん、マクラーレンは現在、ホンダのパワーユニットと同じくらい強力なメルセデスエンジンを搭載している」とアンソニー・デビッドソンは認める。

「でも、それがなければ、彼らが追加の予算を持っていたであろうことが、最も重要なポイントかもしれない」

「彼らは、エンジンのリースに費やしたお金をマシンの開発に投資することができたはずだ。マクラーレンは、レッドブルが近年持っていたホンダからのファクトリー支援を受けていただろう」

マクラーレンでのF1キャリアに失望したフェルナンド・アロンソは、2年間サバティカルを取り、トヨタからWEC(FIA 世界耐久選手権)に参戦し、ル・マン24時間レースの制覇とチャンピオンを獲得している。

今年、アルピーヌでF1復帰したフェルナンド・アロンソは、F1カタールGPで3位でフィニッシュし、7年ぶりの表彰台を獲得した。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / フェルナンド・アロンソ / ホンダF1 / マクラーレン / アンソニー・デビッドソン