フェルナンド・アロンソ、F1復帰に満足「2014年以来のベストシーズン」
2回のF1ワールドチャンピオンであるフェルナンド・アロンソは、F1復帰シーズンとなった2021年の自分のパフォーマンスに満足していると語る。

フェルナンド・アロンソは、2年間F1を離れ、その間にWEC(FIA世界耐久選手権)でのチャンピオン獲得、ル・マン24時間レースでの優勝、ダカールラリー、インディ500に挑戦した。

そして、昨年7月にダニエル・リカルドの後任としてアルピーヌでF1復帰することが発表された。それは過去に2回のF1ワールドチャンピオンを獲得したエンストンのチームへの帰還でもあったが、マクラーレンでの苦戦から2年が経過したことで、シーズンへの期待は期待は和らげられた。

「今年の初めには、物事は僕たちにとって間違いなく容易ではなかった」とフェルナンド・アロンソは語った。

「僕の場合、スポーツに戻るために100%の準備ができていなかったし、マシンを限界までプッシュする自信がなかった」

「数レースかかあった。たぶんバクーくらいまで。パワーステアリングに関してマシンにいくつかの変更を加えた。たぶん一番逃していたのがフロントタイヤのフィーリングだった」

しかし、マシンとの折り合いがつくと、フェルナンド・アロンソのパフォーマンスは急速に向上し、チームメイトのエステバン・オコンをしばしば上回った。

ハイライトはF1カタールGPで、2014年ハンガリーGP以来の表彰台となる3位フィニッシュを記録した。
また、F1ハンガリーGPでは、エステバン・オコンの勝利をサポートするためにルイス・ハミルトン(メルセデス)を抑える重要な役割を果たした。

それはチーム内の政治に干渉するなどのこれまでの悪い評判を覆す、新しいフェルナンド・アロンソだった。

「僕たちはその信頼レベルで大きな前進を遂げたと思う」とフェルナンド・アロンソは述べた。

「シーズン全体は僕にとって素晴らしかった。正直なところ、F1に戻ってきてとてもハッピーだ」

「コース上でのすべてのレースを本当に楽しんだけど、トラック外でもハッピーだったし、毎秒楽しんだ」

「ポイントとポジションという点では2014年以来のベストシーズンだと思し、間違いなく良いカムバックだと思いう。2022年に向けてもっと準備ができているのは確かだ」

キミ・ライコネンの引退後、フェルナンド・アロンソは現在、F1グリッドで最年長のドライバーとなる。

2022年はフェルナンド・アロンソの現行契約の最終年であり、リザーブドライバーのオスカー・ピアストリが2023年にそのシートを狙っている。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / フェルナンド・アロンソ / アルピーヌ