フェルナンド・アロンソ 「少しブラインドで予選に臨むことになる」 / F1オランダGP 金曜フリー走行
アルピーヌF1のフェルナンド・アロンソは、F1オランダの金曜フリー走行が3回の赤旗中断となったことで、予選にむけて“少しブラインド”で予選に臨むことになると考えている。

FP1でのセバスチャン・ベッテル(アストンマーティン)のエンジンの問題は、マシン撤去の際にFIAのネットワークトラブルも重なって中断が長引き、約35分で赤旗中断を引き起こした。

さらに午後のFP2では、ルイス・ハミルトン(メルセデス)が開始直後にエンジントラブルによって停止して赤旗となり、各マシンがソフトタイヤでショートラップを実施しようとした30分にはニキータ・マゼピン(ハース)がターン11のグラベルにはまって再び赤旗中断となった。

その結果、フェルナンド・アロンソは、ザントフォールトでリズムに乗ることができたとは感じていない。だが、それは誰にとっても同じことだと付け加えた。

「2~3周ごとにトラフィックが発生し、赤旗が出てタイヤが再び冷えるので難しかった」とフェルナンド・アロンソは Formula1.com に語った。

「今年の金曜日はよりも難しくなっているし、すべてのチームにとって土曜日は少しブラインドだ」

「僕たちは金曜日に速くても、土曜日にそれほど速くないことがよくあるので、明日を待つ必要がある」

「でも、これまでのところ、マシンは競争力があるように思う。セッションは誰にとっても問題がなかったわけではなく、多くの赤旗などが見られた」

「みんなにとってはまだラップタイムがたくさんあると思うし、僕たちにとってもそうであることを願っている」

チームメイトのエステバン・オコンにとってはジェットコースターのような一日だった。FP1でランド・ノリスをコース外に押し出したとして警告を受けたが、午後に素晴らしいラップを入れて3番tねタイムを記録。マシンとサーキットに熱狂した。

「正直なところ、このトラックをドライブすることは純粋な喜びだった。バンクだけでなく、全体的なレイアウトも楽しい」とエステバン・オコンは語った。

「2016年にここをドライブしたときに素晴らしい思い出があった。F1では、それはさらに優れているし、純粋に楽しい」

「明らかに、僕は競争力があるように見える。FP2の僕とフェルナンドはトップ10で非常に快適だったので、それは良いニュースだけど、本当に重要なのは明日だ」

「いくつかのことを改善できると感じているけど、マシンを非常に強く感じたのは確かだ。これはおそらく、今年これまで最も完璧なバランスに近い」

「予選は非常に重要になる。小さなトラックなので、ギャップを見つけるのは非常に困難だ。少しでも近すぎると、快適ではなくなる可能性があるので、問題を回避できることを願っている」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / フェルナンド・アロンソ / F1オランダGP / アルピーヌ