フェルナンド・アロンソ 「ル・マンのトラックはF1マシンには適していない」
フェルナンド・アロンソは、今年のル・マン24時間レースでF1マシンで初めてサルト・サーキットを走行したが、トラックはF1マシンには適していないと感じている。

2回のF1ワールドチャンピオンであるフェルナンド・アロンソは、2021年のル・マン24時間レース前に行われたアルピーヌのデモ走行の一部として、アルピーヌのカラーリングが施されたルノーのF1マシンで走行し、歴史に名を刻んだ。

一部は常設で一部が公道サーキットとなる世界的に有名なサルト・サーキットは、スパ・フランコルシャンのほぼ2倍の長さであり、F1レースが開催されたことはない。

2021年のル・マン24時間レースでは、元F1ドライバーの小林可夢偉らが駆るトヨタ7号車が総合優勝。新たなハイパーカーというカタゴリーで初めての勝者となった。

小林可夢偉は、2017年の予選で8.5マシンのサルト・サーキットで3分14秒791というファステストラップを記録している。

フェルナンド・アロンソは、F1カーであれば、そのタイムよりもかなり速く走ることができるはずだが、サーキットはグランプリを開催するのに適していないと感じている。

「シミュレーションではラップタイムは3分を切るくらいだと思う」とフェルナンド・アロンソは語った。

「でも、そのあともラップを続けなければならない。正直、ロングストレートは僕たちのタイヤ、僕たちのマシンにとって少し珍しいと感じたし、F1カーにとってはそれほど簡単ではなかった」

「ロングストレート後のブレーキングポイントではフロントタイヤがロックしそうになったし、ちょっとトリッキーだった。本気でプッシュすれば、そこがかなりストレスになると思う。ある意味、デモラップでよかったよ!」

ル・マン24時間レースで2回優勝しているフェルナンド・アロンソは、デモンストレーション走行であっても。ファンのためにゆっくりと周回するのではなく、プッシュすることを選んだ。

フェルナンド・アロンソは、F1マシンがサルト・サーキットを素早く周回できるはずだが、現在の状態のトラックでは、近い将来F1レースを主催できるとは感じていない。

「あそこでレースをするのはきっと楽しいかもしれない。ル・マンのようなトラックに行くのに、準備やエンジニアリングの面でそれほど多くはかからないと思う」とフェルナンド・アロンソは語った。

「非常に短時間でも、僕たちのマシンは基本的にあのデモラップする準備はできていたと思う。レースのシチュエーションに近かった」

「でも、F1マシンのスピードで安全基準について話せば、たぶんトラック自体にいくつかの変更を加える必要があるかもしれない」

「ストレートの一部のセクションでは、速すぎたり、狭すぎたりしている。そのため、基本的にF1コミュニティのものよりも、コース上にいくつかの変更が必要になる可能性がある」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / フェルナンド・アロンソ / F1マシン / ル・マン24時間レース / アルピーヌ