アルピーヌF1のフェルナンド・アロンソ 「ウォールに軽くキスしただけ」 / F1モナコGP
アルピーヌF1のフェルナンド・アロンソは、F1モナコのFP1でウォールに接触したが、“軽くキスしただけ”だと振り返る。

フェルナンド・アロンソは、FP1に最終コーナーでバリアに接触し、A521のフロントウイングを破損させた。しかし、2010年のFP3での大クラッシュと比較すれば、軽く“キス”しただけだと語る。

実際、フロントウイングを交換するだけで済み、フェルナンド・アロンソはFP1を13番手、FP2を12番手で終えている。

「2010年も接触している。予選を逃すことになったのであのときの方がはるかに苦痛だった。今日は軽くキスしただけだ」とフェルナンド・アロンソは語った。

「何とか多くの周回を終えることができた。午前中は37周、午後は27周だったと思う。今日は60周くらい走れたので週末のリズムを保つのに役立つ」

モナコでの初日についてフェルナンド・アロンソは「強烈だったね。強烈だったけど、まだ終わっていない。やるべきことがいくつかある。エンジニアとだけではなく、ここモナコはかなり特別だ。トラック活動だけでなく、オフトラックもあるしね」

「良い一日だった。ここのストリートで運転するのを楽しんできた。確かに、僕たちはまだもっと多くのペースを見つけて、マシンにもっと自信を持つ必要があると思う。でも、様々なセットアップ変更、様々な方向を得られてとても有益だった。これからすべてをまとめて、土曜日のパフォーマンスを向上させる必要がある」

「今日収集したすべてのデータを少し研究しなければならないけど、見ていて楽しい予選になるだろう。たぶんマシンに乗っている方はストレスを感じるだろうけどね。でも、見ている人たちにとってそれはかなりスペクタクルなものになるだろう」

F1モナコGPの木曜フリー走行では、地元モナコ出身のシャルル・ルクレールがトップタイム、チームメイトのカルロス・サインツが2番手と、フェルナンド・アロンソの元所属チームであるフェラーリに注目が集まった。

しかし、フェルナンド・アロンソにとってフェラーリは懸念事項ではない。

「確かに、フェラーリはここでは少し強いように見えるけど、僕たちには強すぎる。でも、ミッドフィールドは非常にタイトになると思う。だから、土曜日にすべてを最適化し、パッケージを最大化する必要がある」とフェルナンド・アロンソは語る。

「もちろん、色々なレースでプラクティスセッションが少し読みづらいのを目にしてきたし、土曜日にサプライズが発生することもある。ポジティブなサプライズもあれば、それほどポジティブではないこともあるので、土曜日からこのポジションを改善できることを見ていこう」



このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / フェルナンド・アロンソ / F1モナコGP / アルピーヌ