フェルナンド・アロンソ 「ハミルトンやフェルスタッペンより優れている」・・・F1復帰に並々ならぬ自信
アルピーヌF1のフェルナンド・アロンソは、2年ぶりのF1復帰戦を控えて、これまでと変わらず良い状態にあると考えており、ルイス・ハミルトンやマックス・フェルスタッペンよりも“優れている”と語る。

2度のF1ワールドチャンピオンであるフェルナンド・アロンソは、2005年と2006年にそのタイトルを獲得したルノー、現在のアルピーヌF1で2年ぶりにF1復帰を果たす。

39歳のフェルナンド・アロンソは、2018年にマクラーレンでのF1活動を終えて以降、トヨタからWEC(世界耐久選手権)に参戦してル・マンの制覇とタイトル獲得を経験。インディ500やダカールラリーにも挑戦してきた。

F1ではブランクがあるフェルナンド・アロンソだが、新たな挑戦に自信と興奮を感じている。

「素晴らしいことになるだろう。楽しみにしている」とフェルナンド・アロンソは BBC に語った。

「若いカテゴリーで素晴らしいパフォーマンスを示してきた若くて才能のある人たちがいる」

「そして、チャンピオンもいる。ルイス、セバスチャン、キミ、そして、フェルスタッペン。たとえ彼が若い世代の若いドライバーの一人であったとしても、彼はすでに4~5年の間トップレベルでレースをしてきた。

「グリッドは非常に競争的だし、コース上で彼らと戦うのは挑戦になるだろう」

今月のF1プレシーズンテストでアルピーヌF1との本格作業を実施したフェルナンド・アロンソは、すでにチームに慣れているように見えた。過去に所属したエンストンのチームには慣れ親しんでいると語るフェルナンド・アロンソは、2月に自転車でのトレーニング中に事故に遭うというアクシデントはあったものの、3日間で205周を走り込んだ。

自分はまだF1のビッグネームたちと渡り合えると感じているかと質問されたフェルナンド・アロンソは「いいや、僕の方が優れている」と語る。

それでも、開発が凍結されて、昨年からF1マシンを大きく進化させることができない今季、アルピーヌF1のパフォーマンスはやや制限される可能性があるとフェルナンド・アロンソは感じている。レース優勝のチャンスを目指すのは2022年だが、2021年に表彰台を獲得する可能性は除外しない。

「今年はレギュレーションが少し異なるため不可能かもしれないことは理解している。基本的には以前の年と同じなので、奇跡は起きていない」

「でも、2022年にはグリッドの勢力図を少し混ぜる新しいレギュレーションによってチャンスがあると思う。僕たちは皆を驚かせるチームの1つになりたいと思っている。そのためには、今年は一生懸命努力する必要がある」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / フェルナンド・アロンソ / アルピーヌ