F1 フェルナンド・アロンソ マクラーレン フランスGP
マクラーレンのフェルナンド・アロンソは、F1フランスGPの予選でのQ1敗退に今のマシンで“やれるだけのことはやった」と悲壮感を漂わせた。

先週末、トヨタとル・マン24時間レースを制してF1に戻ってきたフェルナンド・アロンソだが、F1フランスGPの予選ではQ1で敗退。現実に引き戻されることになった。

フェルナンド・アロンソは16番手、チームメイトのストフェル・バンドーンも18番手とマクラーレンは2台揃ってQ1敗退。今シーズンでワーストとなる予選となった。

ル・マン24時間レースで優勝した1週間後のQ1敗退をどう感じているかと質問されたフェルナンド・アロンソは「何もないよ。いつも通りだ」とコメント。

「個人的にやれることはすべてやろうと頑張った。GP3(原文ママ)、GP2などレースをした全てでチャンピオンを獲得したドライバーに対して8-0なのは僕だけだと思う」

モナコとカナダで2戦連続でリタイアを喫しているフェルナンド・アロンソは「これはF1だ。正しいパッケージ、正しい場所が必要だ。過去数戦は僕にとって良くはなかったけど、いろいろと災害があったなかで僕たちはチャンピオンシップで7位にいるわけだし、適切なことをやっていかなければならない」とコメント。

だが、フェルナンド・アロンソは、Q1でのラップ自体はすべて良かったと感じていると語る。

「僕たちは金曜日にすべてOKだったし、最後のラップもかなり良かった。でも、他チームがどれくらい速いかは決してわからない。今日、僕たちは困難を抱えていた」

「いい4周ができたと思うし、ここで何度かレースに勝っているチームメイトよりもコンマ2秒速かった。それが現実だ」

フェルナンド・アロンソは、雨が降らない限り、明日のレースはアクションの少ないレースになると予想している。

「過去数戦と同じになるだろう。全てのクルマが行列を作る日曜日にね」とフェルナンド・アロンソはコメント。

「ポールのドライバーが最速で、スタートから引き離すだろう。2番手のドライバーは2番手、3番手のドライバーは3番手でスタートして逃げることになるだろう」

「天候が最も重要な役割を果たすかもしれない。午前中のように雨が降ったり、コンディションが変われば、もっとカオスなレースになるかもしれない」

「雨が降れば、オーバーテイクをするのは難しいだろうね」

関連:F1フランスGP 予選:ルイス・ハミルトンがポールポジション

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / フェルナンド・アロンソ / マクラーレン / F1フランスGP