フェルナンド・アロンソ タトゥー
フェルナンド・アロンソは、首と背中に日本語のタトゥーを入れて2012年シーズンをスタートしている。

スペインの Marca によると、フェルナンド・アロンソは「葉隠」の影響を受けたという。

「葉隠」は、江戸時代中期の藩士山本常朝が武士道について語った内容をまとめた書物。「武士道と云ふは、死ぬ事と見付けたり」という文言が有名。

フェルナンド・アロンソ タトゥー フェルナンド・アロンソ 日本語 タトゥー

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / フェルナンド・アロンソ / フェラーリ