フェルナンド・アロンソの2021年06月のF1情報を一覧表示します。

アロンソ 「2024年もオコンのチームメイトとしてアルピーヌF1にいる」

2021年6月30日
フェルナンド・アロンソ 「2024年もオコンのチームメイトとしてアルピーヌF1にいる」
フェルナンド・アロンソは、アルピーヌF1との契約を更新する意向を示している。

今月、アルピーヌF1は、フェルナンド・アロンソの現在のチームメイトであるエステバン・オコンが少なくとも2024年まで残留する新しい3年間契約がサインしたことを発表した。

2024年に何をしているかと質問されたフェルナンド・アロンソは「ここにいるのは確かだ。彼のチームメイトとしてね」と AS に語った。

フェルナンド・アロンソ 「同じサーキットでの2連戦は無意味」

2021年6月29日
アルピーヌF1のフェルナンド・アロンソ 「同じサーキットでの2連戦は無意味」
アルピーヌF1のフェルナンド・アロンソは、レッドブル・リンクで2週連続で別のレースを行う背後にある論理に疑問を投げかけている。

オーストリアでのダブルヘッダーは昨年7月に2020年シーズンをスタートさせたが、F1は新型コロナウイリスのパンデミックによってF1トルコGPが延期された後、2021年シーズンのためにレッドブル・リンクで再びダブルヘッダーを組織することを余儀なくされた。

フェルナンド・アロンソ 「今日は9位以上は難しかった。入賞できて満足」

2021年6月28日
アルピーヌF1のフェルナンド・アロンソ 「今日は9位以上は難しかった。入賞できて満足」 / F1シュタイアーマルクGP 決勝
アルピーヌF1のフェルナンド・アロンソは、2021年F1シュタイアーマルクGPの決勝で9位入賞を果たした。

シーズン序盤はチームメイトのエステバン・オコンに負けていたフェルナンド・アロンソだが、ここ数戦では鋭さを取り戻している。チームメイトがQ1で敗退したマシンで9番グリッドを獲得し、混戦の中断勢のなかでしっかりとポイントを獲得した。

F1:アラン・プロスト 「フェルナンド・アロンソはベストの状態に戻った」

2021年6月24日
F1:アラン・プロスト 「フェルナンド・アロンソはベストの状態に戻った」
アルピーヌF1のアドバイザーを務めるアラン・プロストは、F1に復帰して7戦を終えたフェルナンド・アロンソが、ベストな状態に戻ったと確信していると語る。

2年のブランクを経てアルピーヌF1から復帰したフェルナンド・アロンソだったが、チームメイトのエステバン・オコンに何度も敗れるなどやや期待外れなスタートとなっていた。

フェルナンド・アロンソ 「予想通りの結果だし、満足している」

2021年6月20日
フェルナンド・アロンソ 「予想通りの結果だし、満足している」 / アルピーヌ F1フランスGP 予選
アルピーヌF1のフェルナンド・アロンソは、2021年 F1フランスGPの予選を9番手で終えた。

「今日は満足していいと思うし、だいたい僕たちが予想していた位置だ。予選にむけてペースは良そうだったし、いくつかの例外を除けば、セッション中にほとんどのラップを最大化できたと感じている」とフェルナンド・アロンソはコメント。

アラン・プロスト 「アロンソがF1復帰に苦労しているのは驚きではない」

2021年6月16日
アラン・プロスト 「アロンソがF1復帰に苦労しているのは驚きではない」
フェルナンド・アロンソは、今シーズン、アルパインでフォーミュラ1に復帰することを決意した後、まだ100%のパワーにアクセスしていないという事実についてオープンにしている。

しかし、チームの特別顧問であるアラン・プロストは、アロンソの復帰を1993年のウィリアムズF1との自分自身のF1復帰と比較しており、それは驚くことではないと語る。

アロンソ、マクラーレンF1時代に「時間を無駄にしていると感じた」

2021年6月14日
フェルナンド・アロンソ、マクラーレンF1時代に「時間を無駄にしていると感じた」
フェルナンド・アロンソは、マクラーレンF1時代に「時間を無駄にしている」と感じていたと明かし、2年間のブレイクをとったことで、他のシリーズやレースを追求することができたと語る。

2度のF1ワールドチャンピオンであるフェルナンド・アロンソは 、マクラーレンとの4年間の困難な期間を経て、2018年の終わりにF1を離れた。

フェルナンド・アロンソ 「他の移籍組と比較されるのはフェアじゃない」

2021年6月13日
フェルナンド・アロンソ 「他の移籍組と比較されるのはフェアじゃない」
フェルナンド・アロンソは、アルピーヌF1に慣れるのは“時間の問題”であり、自身のF1復帰のスローなスタートを他の移籍組と比較して批判するのは“フェアではない”と考えている。

今年F1復帰を果たしたフェルナンド・アロンソだが、シーズン最初の5レースでわずか5ポイントしか獲得できていなかった。だが、前戦F1アゼルバイジャンGPでは6位でフィニッシュし、調子を上げてきている。

【動画】 フェルナンド・アロンソ、“2周のレース”で4ポジションアップ

2021年6月7日
【動画】 フェルナンド・アロンソ、“2周のレース”で4ポジションアップ / F1アゼルバイジャンGP 決勝
アルピーヌF1のフェルナンド・アロンソは、F1アゼルバイジャンGPの残り2周のスプリントレースで4つ順位を上げる好走を見せ、6位でレースを終えた。

8番グリッドからスタートしたフェルナンド・アロンソに競争力はなく、レース中に13番手まで順位を落としていた。チームメイトのエステバン・オコンはわずか4周でリタイアし、アルピーヌのポイント獲得の期待は暗いように見えた。
«Prev || 1 | 2 || Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム