【動画】 フェルナンド・アロンソ、“2周のレース”で4ポジションアップ / F1アゼルバイジャンGP 決勝
アルピーヌF1のフェルナンド・アロンソは、F1アゼルバイジャンGPの残り2周のスプリントレースで4つ順位を上げる好走を見せ、6位でレースを終えた。

8番グリッドからスタートしたフェルナンド・アロンソに競争力はなく、レース中に13番手まで順位を落としていた。チームメイトのエステバン・オコンはわずか4周でリタイアし、アルピーヌのポイント獲得の期待は暗いように見えた。

しかし、マックス・フェルスタッペンのクラッシュによる赤旗がレースを無力化し、レースが再び再開されるとフェルナンド・アロンソは2周で4つ順位を上げ、3年半でのベストリザルトとなる6位でフィニッシュした。

「2周のレースでいいペースがあったね」とフェルナンド・アロンソは笑顔で語った。

「あれは楽しかった。いくつかのバトルがあり、エキサイティングだった。全員がアグレッシブで、2周しかないので、タイヤを労わる必要ないことを知っていたしね」

「楽しかったね。ここバクーでの週末は充実したものだったと思う。10位ではチームへの報酬が少なすぎた。6位で嬉しい。僕たちは懸命に働いてきたし、スタッフはそれにふさわしい。少なくとも多くを獲得できた」

週末を通して、アルピーヌF1はトップ10のペースを示し、フェルナンド・アロンソは8位からの前進のチャンスを夢見ていた.しかし、序盤はどうすることもできず、後続に追い抜かれ、最初のスティントでポイント圏外に落ちた。

「ソフトでのペースには少し驚いた」とフェルナンド・アロンソは語った。

「FP2のロングランは大丈夫だと感じていたけど、レースの早い段階で、僕たちは周りの人々より0.3~0.4秒遅かった」

「僕たちは戦略で創造性を発揮しようとした。周りの人々を弱体化させ、最初のセーフティカーでギャンブルでソフトタイヤを装着したけど、ペースが少し遅いときはどんな戦略もうまくいかない」

「最終的にチャンスを得ることができたのは幸運だった。僕たちはそれを掴み取った」



このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / フェルナンド・アロンソ / F1アゼルバイジャンGP / アルピーヌ