フェルナンド・アロンソ 「他の移籍組と比較されるのはフェアじゃない」
フェルナンド・アロンソは、アルピーヌF1に慣れるのは“時間の問題”であり、自身のF1復帰のスローなスタートを他の移籍組と比較して批判するのは“フェアではない”と考えている。

今年F1復帰を果たしたフェルナンド・アロンソだが、シーズン最初の5レースでわずか5ポイントしか獲得できていなかった。だが、前戦F1アゼルバイジャンGPでは6位でフィニッシュし、調子を上げてきている。

フェルナンド・アロンソにとって歓迎すべき結果となるが、モナコとバクーのストリートサーキットで、アルピーヌF1はグリップが低い路面にライバルよりも苦しんでおり、理想的なフィットではなかったことを認めた。

「モナコとバクーでは少し失っていた」とフェルナンド・アロンソは語った。「モナコはもっと酷かったけど、バクーは近づいていた。僕たちはバルセロナとポルティマンの形に戻る必要があると思う」

「フランスからは、そういうパフォーマンスに戻せることを願っている。ストリートサーキットでは、どういうわけかタイヤの準備がライバルのパフォーマンスを向上させるのに役立っている」

「彼らは現在ポールポジションを争っているけど、それがクルマの改善だとは思わない。彼らがストリートサーキットでいかにタイヤをオンにしているかにすぎない」

「でも、この後、これ以上のストリートサーキットはない。シンガポールもなくなった。したがって、通常のパフォーマンスに戻る可能性がある」

フェルナンド・アロンソは、一流とは言えないシーズンのスタートで批判を受けましたが、最高の形を見つけるまでは“時間の問題”だと自信を持っている。

メディアで批判的なコメントを見たフェルナンド・アロンソは、自分の結果はおそらく実際に起こっている状況よりも悪く見えていると語る。

「一般的な意見で非常に悪いとされるレースのいくつかでも、僕はそれほど悪くはなかった」とフェルナンド・アロンソは付け加えた。

「それほど酷かったとは思っていない。もちろん、バルセロナで僕たちは1ストップだったし、そこでパフォーマンスは発揮されなかった。でも、モナコではエステバンとほぼ同じペースで、2秒遅れでフィニッシュしたと思う」

「そのようなことは毎週末繰り返されて、ダニエルなど今年チームを変えた他のドライバーと比較しても、僕は多くの苦労をしているという意見だった」

「でも、それがフェアだとは思わなかった。なぜなら、僕が抱えていたものと比べて、彼らの闘争には非常に大きな違いがあると思うからだ。心配していない。時間の問題だということは分かっていた」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / フェルナンド・アロンソ / アルピーヌ