アラン・プロスト 「アロンソがF1復帰に苦労しているのは驚きではない」
フェルナンド・アロンソは、今シーズン、アルパインでフォーミュラ1に復帰することを決意した後、まだ100%のパワーにアクセスしていないという事実についてオープンにしている。

しかし、チームの特別顧問であるアラン・プロストは、アロンソの復帰を1993年のウィリアムズF1との自分自身のF1復帰と比較しており、それは驚くことではないと語る。

F1のポットキャスト F1 Nation に出演したアラン・プロストは、現在のテストの制限、そして、プレシーズン前の自転車事故でアロンソがスピードアップしていないことの一因だが、それを非難することはできないと語った。

「彼に時間が必要なのは驚きではない」とアラン・プロストは語った。

「時間がかかる。シミュレーターは優れているが、より快適になる必要のある場所はマシンのなかだ」

「そして、いわゆる、生理学、胃、全身、視力、頭といった体調、そして、彼が自転車事故を起こしたのも忘れないでほしい。それが、どのような影響があるのかわからなかったし、少し心配していた」

「彼はどんどん良くなっている。だが、私の意見ではまだ完全にトップではない。彼はそれを知っており、彼がよく知っている別のトラック、より広いサーキットであるフランスGPで、彼がより良いパフォーマンスを発揮するだろうと期待している」

「どうなるかはわからないが、少し時間がかかるのも不思議ではない」

アラン・プロスト自身は、1991年シーズンの終わりにフェラーリに解雇された後、サバティカルをとり、1年間F1を離れている。その後、ウィリアムズと共にF1に戻り、1993年にタイトルを獲得して引退した。

だが、アラン・プロストは、1992年にポルトガルでウィリアムズF1との最初のテストを行った後、F1復帰という考えに疑問を呈したことを認めた。

「ポルトガルに戻ったとき、なぜ戻ってきたのかと自問したよ!」とアラン・プロストは語った。

「肉体的にも精神的にもショックだった。実際、私は本当に身体を仕上げていた・・・信じられないほど仕上がっていた。体脂肪率は5%だった」

「しかし、9月にF1をテストするのに本当に適した状態で来たとき、完全に道に迷ったと感じた」

「つまり、マシンの外で行うことはすべて重要だが、F1内のすべての作業ほど重要ではない。トレーニングしているすべての筋肉は、異なる筋肉であり、すべての生理学、ビジョン、その他などは外でトレーニングすることはできない」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / フェルナンド・アロンソ / アルピーヌ