アルファロメオF1、テオ・プルシェールをF1アメリカGPのFP1に起用
アルファロメオF1チームは、テオ・プルシェールをF1アメリカGPのフリー走行1回目に起用することを発表。併せて、2023年のチームのリザーブドライバーを務めることを発表した。

2019年からザウバーアカデミーのメンバーであるフランス出身のテオ・プルシェールは、今シーズン初めからF1によって義務付けられているヤングドライバーの出走義務の一環として、フリー走行1回目にバルテリ・ボッタスのC42を引き継ぐ。

FIA F2のレースウィナーであるプルシェールは、サーキット・オブ・ジ・アメリカズでアルファロメオC42を走らせてグランプリ週末デビューを果たす。

テオ・プルシェールは、昨年のハンガロリンクで初めてF1マシンを体験。プライベートテストセッションで2019年型のアルファロメオC38をドライバブし、彼のプロフェッショナルなアプローチとマシンへの迅速な適応でチームに感銘を与えた。

現在、2022年のFIA F2選手権の164ポイントを獲得してランキング2位につけているテオ・プルシェールは、2年間のシリーズで3勝と7回の表彰台を獲得し、残り2レースを残している。

テオ・プルシェールのキャリアは2023年にさらに前進し、ザウバー・アカデミー内での地位を維持することに加えて、アルファロメオF1チームのリザーブ ドライバーの1人としての役割も担うことになる。

テオ・プルシェールは「オースティンでフリープラクティスデビューを果たすことに興奮している」とコメント。

「F1マシンに乗るのは2回目だけど、今回はグランプリの公式セッションなので、ある意味初めてのように感じている。夢が叶ったように感じている」

「アルファロメオF1チームが僕を信頼し、この素晴らしい機会を与えてくれたことに感謝したい。そして、チームがアメリカグランプリに向けて準備を進める中で、チームをサポートするためにベストを尽くす」

アルファロメオF1チームの代表を務めるフレデリック・バスールは「テオは今シーズンだけでなく、これまでも素晴らしいパフォーマンスを発揮してきた」とコメント。

「我々はアカデミーのメンバーとして、ほぼ4年間彼と緊密に協力してきた。我々はまずドライバーとしての彼の絶え間ない進歩と発展、そして、同じくらい重要なこととして人として感銘を受けた」

「来週、彼に最初のフリー走行を提供できることをうれしく思う。これは当然の機会であり、チームがアメリカグランプリに先立って貴重なデータを収集するのに役立つため、彼のパフォーマンスで再び我々に感銘を与えると確信している」

アルファロメオF1チームのスポーティング ディレクターを務めるビート・ゼンダーは「2019年にザウバーアカデミーに加入して以来、テオは目覚ましい進歩を遂げてきた」

「彼は2019 年にタイトルを獲得し、2020年にはF3のタイトル候補だった。 F2、特に今シーズン、彼は全力を尽くし、チャンピオンシップの大部分でタイトル争いを繰り広げた。彼は間違いなく、最も有望な若手ドライバーの1人であり、彼がステップアップして初の F1フリー走行を達成するのを見ることができることを嬉しく思う」

「当初から彼のプロとしてのアプローチと、コース内外で常にベストを尽くすという献身に感銘を受けており、彼がコース上で彼の可ポテンシャルをさらに解き放つことを楽しみにしている」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / アルファロメオF1 / F1アメリカGP