アルファロメオF1代表 「信頼性の低さが大きなポイント損失をもたらした」
アルファロメオF1のチーム代表であるフレデリック・ヴァスールは、2022年のF1世界選手権で信頼性の低さが「ポイントという点で大きな損失をもたらした」と語る。

ザウバーが運営するF1チームは、2022年のF1コンストラクターズチャンピオンシップで6位につけているが、開幕9戦のうち7戦でポイントを獲得した後、過去4レースでポイントを獲得できなかった。

バルテリ・ボッタスと周冠宇の両方がメカニカルの問題に見舞われ、ボッタスはF1イギリスGPでギアボックスの問題、F1ハンガリーGPで燃料システムの故障でリタイアし、周冠宇はF1フランスGPでパワーユニットのトラブルでリタイアした。

また、周冠宇のルーキーキャンペーンは、F1イギリスGPのスタート直後にジョージ・ラッセルに衝突されて車をひっくり返され、タイヤバリアを超えてフェンスに激突する大クラッシュでも打撃を受けた。

だが、信頼性の問題と、不運にも関わらず、アルファロメオF1チームは、コンストラクターズランキングを9位に終えた2021年の合計ポイント数を総合的に上回っている。

アルファロメオF1のチーム代表を務めるフレデリック・ヴァスールは、チームが新しいF1テクニカルレギュレーションとバルテリ・ボッタスと周冠宇の新しいドライバーラインナップの下でかなりのパフォーマンス向上を遂げたと感じているが、その信頼性の低さが足を引っ張っていると語る。

「我々は一歩前進したと思う。さまざまな要因があったが、純粋なパフォーマンスに関しては良い一歩を踏み出した」とフレデリック・ヴァスールは語った。

「いつものようにそれは決して1つではありません。フェラーリのエンジンは一歩前進したと思う。シャシー側でも同じ仕事をした。そして、バルテリと周はパフォーマンスを発揮していると思いう。全体として、それは良い一歩だ」

「結果に関して言えば、信頼性の面でもいくつかの問題があった。これはポイントの面で大きな損失をもたらした。ジェッダやシルバーストーンのように非常に良い状態だったいくつかのイベントや、周冠宇にもいくつかの機会もあった」

「これは我々にとっても、チャンピオンシップにとっても本当に残念なことだ。しかし、それが現状であり、シーズン後半に向けて修正する必要がある」

クラッシュやメカニカルトラブルでチャンスを逃したにもかかわらず、フレデリック・ヴァスールはアルファ ロメオF1がミッドフィールドバトルで主導権を握っていると感じている。

「最初のテスト日には、最初の予選の結果がどうなるか、誰も知らなかったと思う」とフレデリック・ヴァスールは語った。

「リファレンスのない完全な新車だったので、この状況には少し驚いた」

「我々は皆、自分たちの側で成長したが、完全に盲目だった。しかし、そうではない。2022年に向けて多大な努力をしたことを知っていたので、サプライズという言葉は適切ではない。私はこのようなことを期待していた。良い気分だ」

アルファロメオ・レーシング F1

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / アルファロメオF1