アルファロメオCEO、アウディのF1チーム買収交渉は「知らないわけではない」
アルファロメオのCEOであるジャン・フィリップ・インパラトは、アウディがザウバーF1チームの買収に関心を持っていることを知っているが、彼らサイドとして懸念してない理由を説明した。

アルファロメオは、ザウバーとのユニークな契約の一環として2019年にF1に復帰した。F1チームは、アルファロメオの名前が付けられ、イタリアのブランドのためにデザインされているが、引き続きザウバーによって運営されている。

現在、このパートナーシップの継続には潜在的な障壁がある。それはアウディの存在だ。

2026年からアウディ、そして、フォルクスワーゲングループの仲間であるポルシェがF1に参戦する予定であり、ポルシェはレッドブルとの提携を準備している。

アウディの計画ははるかに謎に包まれているが、ザウバーF1チームの買収との関連性が高まっているおり、それは、当然ながら、アルファロメオのグリッド上のポジションが危険にさらされている。

ジャン・フィリップ・インパラトは、アウディとザウバーの間の議論に「全く知らないわけではない」と語るが、取引が成立した場合、アルファロメオにとって他の機会が開かれると確信していると語る。

アウディのザウバーF1チームの買収について「まったく知らないわけではないと言わざるを得ない」とジャン・フィリップ・インパラトは語った。

「しかし、それは私にとっては簡単なことだ。ビジネスモデルを変えるつもりはない。いつか誰かが試みた場合、それが何であれ、我々は自分たちがしなければならない決定を下す」

「私にはたくさんの選択肢がある。112年前から存在しているアルファロメオのようなブランドにとって、世界は開かれている」

「我々はビジネスの面でポジティブな歴史を持っている。2021年はアルファロメオにとって数年ぶりに利益を上げた。したがって、実際にはストレスはない。パドックで聞いた話し合いについて、私はまったく怖くないし、不安も心配もしていない」

ジャン・フィリップ・インパラトは、アルファロメオのF1チームへの投資レベルは他のメーカーよりも著しく低いため、ザウバーとアルファロメオのパートナーシップの性質は「世界で最高のリターン」を提供すると信じている。

ジャン・フィリップ・インパラトの目標は、チームが確実に「毎年進歩する」ことであり、それは2022年に確かに起こっている。

2022年の抜本的な新しいレギュレーションの導入は、アルファロメオF1チームのルネッサンスと一致した。アルファロメオF1チームは、最初の11レースで51ポイントを獲得し、コンストラクターズチャンピオンシップの6位につけている。

「我々はザウバーの同僚と新しいビジネスモデルを発明した。我々の間にはデュアルのリーダーシップがある」とジャン・フィリップ・インパラトは説明しました。

「フレデリック(ヴァスール/チームプリンシパル)は最初からチームを率いており、困難な時期があったものの、我々はレーンに留まりました。

「毎朝戦略を変えるわけではないし、我々は動かなかった。アルファとして、私はそれをサポートし、その開発を推進するためにできる限りのことをしている。私にとってのアプローチは、時々苦労していても、年々、レースごとに進歩しなければならないというものだった」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / アルファロメオF1 / ザウバー / アウディ