アルファロメオF1 「アウディとのパートナーシップはうまくフィットする」
アルファロメオF1チームは、アウディとのパートナーシップはチームに“うまくフィットする”と考えている。

先週木曜日、フォルクスワーゲン・グループの監査役会は、2026年の新しいF1レギュレーションの導入に合わせてアウディとポルシェの両ブランドがF1に進出するという計画を最終的に承認した。

このニュースは、FIA(国際自動車連盟)がこれらの新しいF1エンジンルールを推進するだけでなく、アウディとポルシェのF1チームパートナーとの契約の最終決定にも左右される。

注目は、アウディがF1プロジェクトにつぎ込む準備ができているという噂される10億ユーロ(約1360億円)の資金からどのチームが利益を得るかについてだ。

マクラーレンF1チームの株式の大多数を6億5000万ユーロで取得するという交渉は破綻したとされており、アウディは、アルファロメ/オザウバーおよびアストンマーティンF1チームとの間の交渉について新たな憶測を呼び起こした。

「いいえ、ザウバー・グループとフォルクスワーゲン・グループとの間の交渉についての情報はまったくない」とアルファロメオF1チームの代表を務めるフレデリック・ヴァスールはメルボルンで語った。

ただし、アルファロメオF1チームのチームマネージャーであるビート・ゼンダーはもう少し話をしたいと思っている。

「我々はすでにメルセデスとBMWと協力してきました」とピート・ザンダーはSky Deutschlandに語った。

「アウディはここにうまくフィットするだろう」

「特に最初の2レースのパフォーマンスにより、我々が魅力的なパートナーなのは確かだ。しかし、私は交渉に関わっていないので、何も言えない」

「しかし、我々はアウディだけでなく、ポルシェにとっても魅力的なパートナーになるだろう」

しかし、ポルシェの計画が、今年後半に最初の“レッドブル・パワートレインズ”製エンジンをダイナモに乗せる準備をすでに進めているレッドブルとシームレスに連携することであることは明らかだ。

「これから交渉が始まります」とヘルムート・マルコ博士はSport Bildに認めた。

レッドブル・レーシングのF1チーム代表であるクリスチャン・ホーナーは、レッドブル・パワートレインズは自動車メーカーとのパートナーシップがなくても実行可能であるとしつつも、ポルシェとの話し合いは「論理的」であると述べた。

「F1にとってエキサイティングであり、ポルシェとアウディにとってエキサイティングであり、レッドブルとのリンクアップは目を見張るようなエキサイティングなものになるだろう」とクリスチャン・ホーナーは語った。

飲料メーカーのレッドブルが“レッドブル・ポルシェ”として活動するのは見栄えがいいが、“アルファロメオ・アウディ”もしくは“アストンマーティン・アウディ”は幾分違和感のあるネーミングだ。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / アルファロメオF1 / アウディ