アルファロメオF1チーム、フェラーリとの技術提携の減少を説明
アルファロメオF1チームは、フェラーリの要素をこれまでよりも減らしているが、テクニカルディレクターのヤン・モンショーはそれがチームにとって正しい方向だと感じている。

アルファロメオF1チームは、フェラーリ製のパワーユニットを使用しており、以前は車内で使用するパーツの範囲が拡大していたが、現在では運用がより独立しており、トランスミッションとパワーユニットのみを使用している。

アルファロメオF1チームチは、コンストラクターズチャンピオンシップでハースF1チームだけを上回って9位でフィニッシュした昨シーズンと比較して、2022年序盤にフォームが大幅に好転させている。

チームプリンシパルであるフレデリック・ヴァスールは、以前とは「異なる世界」にいると表現している。

ヤン・モンショーは、アルファロメオF1チームの独立性の拡大は、特に新しい予算上限時代における支出の管理だけでなく、彼ら自身の自由のためといった、複数の理由でもたらされたと強調した。

「我々はパワーユニットとトランスミッション以外、フェラーリのものは何も使用していない」とヤン・モンショーはF1TVのTechTalkで語った。

「我々は供給範囲を縮小し、独自の燃料タンク、ギアボックス用の独自の外部構造、および独自のリアサスペンションを開発した」

「これはすべて2つの理由によるものだ。1つ目は予算上限。我々にとってはこの方向に進んだ方がよいためだ」

「また、この最初のシーズンでは、イタリア人の友人の仕事に制約されることなく、我々のコンセプトを開発する自由度が少し増えた」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / アルファロメオF1 / フェラーリ