アルファロメオF1、アンセーフリリースで5000ユーロの罰金 / F1ハンガリーGP フリー走行3回目
アルファロメオF1は、F1ハンガリーGPのフリー走行3回目でのアンセーフリリースに5000ユーロ(約65万円)の罰金を科され、アントニオ・ジョビナッツィも進路妨害で叱責された。

F1ハンガリーGPのサイシュウプラクティス。アントニオ・ジョビナッツィはメカニックからガレージから出てピットレーンに行くように指示されたが、レースを走行していたランス・ストロール(アストンマーティン)と接触した。

ランス・ストロールの右リアタイヤがアントニオ・ジョビナッツィのフロントウイングに接触。ジョビナッツィのフロントウイングは小さなダメージを負った。

幸いなことに大きな修理費はかからないインシデントだったが、スチュワードはセッション後にアントニオ・ジョビナッツィとアルファロメオF1の代表者を召喚し、アンセーフリリースに5000ユーロの罰金を科した。

「スチュワードは、ビデオ証拠をレビューし、99号車の運転手(アントニオ・ジョヴィナッツィ)とチーム代表からヒアリングをした」とインシデントレポートで語った。

「99号車は18号車がファストレーンを走行していたときにガレージを離れました。その結果、2台の車が接触し、99号車のフロントウイングが破損した。99号車のチームは、それが彼らのせいであると認めた」


しかし、アントニオ・ジョヴィナッツィの悩みはそれだけで終わらなかった。アンセーフリリースは彼のせいではなかったが、ターン13の出口でピエール・ガスリー(アルファロメオ)をブロックすることになった。

プッシュラップをしていたピエール・ガスリーは、低速でレーシングラインにいたアントニオ・ジョビナッツィに出くわし、回避行動を取らざるを得なかった。

アントニオ・ジョビナッツィは、チームから警告がなかったと主張したが、違反は明白であり、スチュワードは叱責を出すことに決めた。

「スチュワードは、ビデオによる証拠を確認し、99号車の運転手(アントニオ・ジョヴィナッツィ)、10号車の運転手(ピエール・ガスリー)、チームの代表者からヒアリングをした」とスチュワードは述べた。

「FP3の間、GASはクイックラップでしたが、GIOはアウトラップで、GASの前のT13の出口でラインを低速でドライブしていた。GIOは彼のチームからの警告はなく、ヒアリング中に彼がGASを妨害したことを認めた」

「両方のドライバーは、これはフリープラクティスでは受け入れられないというスチュワードの意見に同意した」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / アルファロメオ・レーシング / F1ハンガリーGP