アルファロメオ、ザウバーとのF1契約の“複数年”延長を発表
アルファロメオとザウバー・モータースポーツは、既存の契約の“複数年”延長してF1でのパートナーシップを継続することを発表した。

アルファロメオは2018年にタイトルスポンサーとしてザウバーと提携した後、アライアンスの拡大により、2019年以降はアルファロメオ・レーシングとしてチーム名を変更した。

昨年、ザウバーは、2021年もアルファロメオの名前でレースを続けると発表したが、その契約は今シーズンの終わりに期限切れになる予定だった。

今週末のF1イギリスGPに先立つ水曜日、アルファロメオは年次評価で複数年ベースで既存の契約のさらなる更新を確認した。

「歴史的なイタリアの自動車ブランドとして、アルファロメオはレーストラックで生まれた」とアルファロメオのCEOを務めるャン・フィリップ・インパラートは述べた。

「今日、我々はそのレーシングDNAをブランドの未来の中心に置くことで、それを尊重し、継続することを誇りに思っている」

「我々は情熱と卓越性に駆り立てられている。F1は、我々のレンジの将来の電化のための最先端の研究所を表しており、今後数年間の我々のビジョンと完全に一致している。さらに、モータースポーツは、成功する未来のために活用したい比類のない世界的な露出をもたす」

この契約により、フェラーリは、現在アントニオ・ジョビナッツィが保有しているアルファロメオのシートの1つを支配し続けることになる。もう1つのシートを占めている41歳のキミ・ライコネンの契約は年末に終了するが、まだF1での将来を決定していない。

フェラーリのテストドライバーであるカラム・アイロットは、今年アルファロメオに2回のFP1に出走し、フェラーリのジュニアドライバーであるミック・シューマッハとロバート・シュワルツマンとともにアルファロメオの将来の候補と見なされている。

アルファロメオは、グリッドでさらに順位を上げるために、2022年から施行される抜本的なレギュレーション変更を利用できることを望んでいる。

チーム代表フレデリック・ヴァスールは「このパートナーシップの延長を発表できることをうれしく思う。アルファロメオはここ数年、素晴らしい仲間であり、これからの章にさらに興奮している」と語る。

「新しいレギュレーションは我々に新たな一歩を踏み出す機会を与えてくれており、我々は一緒に大きな利益を上げるための完璧な立場にあると確信している。我々は一緒に未来を楽しみ、グリッドの最前線に向かって動き続けることを楽しみにしている」

「この関係は、トラックを超えて、当社全体にとっても非常に重要だ。自動車業界で行った作業は、ザウバー・エンジニアリングの技術と製造スキルの範囲を示しており、自動車産業の未来を形作る新しいエキサイティングなプロジェクトでアルファロメオのために働き続けることができると確信している」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / アルファロメオ・レーシング / ザウバー