【速報】 アルファロメオF1、2021年F1マシン『C41』を披露
アルファロメオF1は2月22日(月)、タイトルスポンサーを務めるPKNオレーンが拠点とするポーランドの首都ワルシャワで2021年の体制発表会を開催。2021年F1マシン『C41』をお披露目した。

連番ではなく2021年マシンには『C41』と名付けられたのは、新型コロナウイルスのパンデミックによって新しいF1レギュレーションの導入が1年延期するという決定が下される前に次世代F1マシンを『C40』として開発していたためであり、マシン名を付け替えることはせず、2021年マシンには新たに『C41』という名前が与えられた。

昨年、フェラーリF1エンジン勢は総崩れ。本家フェラーリは6位、アルファロメオは8位、ハースF1は9位と低迷。その要因は、FIA(国際自動車連盟)によって発令された一連の技術指令によるフェラーリF1エンジンのパフォーマンス不足が主な原因だったのは明らかだ。

今年、フェラーリは2021年F1エンジンで大幅な改善を目指しており、アルファロメオF1は引き続き最新のフェラーリのカスタマーエンジンを搭載する。



このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / アルファロメオ・レーシング / F1マシン