アルファロメオ、F1からの撤退を役員会レベルで議論との報道
アルファロメオのF1での将来は、役員会レベルの今後の決定にかかっていると イタリアの La Gazzetta dello Sport が報じている。

同紙の記者ルイージ・ペレナは、フィアット・クライスラーとPSAグループの合併をきっかけに、ザウバーとのアルファロメオのパートナーシップの将来に疑問が投げかけられていると伝えている。

合併で誕生した新会社ステランティスは、アルファロメオを含めたフィアット・クライスラー・グリープとプジョー、シトロエン、オペル、ボクスホールなどを統合した巨大自動車メーカーグループだ。

「FCAとPSAの合併から生まれた新しい世界的な自動車大手の計画には、グループのブランドのスポーツ活動の再定義もあります」とルイージ・ペルナは伝えた。

「それは2018年からザウバー/フェラーリチームのスポンサーであるビショーネから始まる」とアルファロメオの象徴的なロゴに言及して付け加えた。

「歴史的なブランドがF1にとどまるかどうかは、1年以上の交渉の末1月4日に発表された合併から派生した新しい産業計画に依存する」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / アルファロメオ・レーシング / ザウバー