アルファロメオF1、従業員を一時解雇 … 5つのF1チームが実施
アルファロメオF1チームは、新型コロナウイルス危機の中、他の4つのF1チームと同様に従業員を一時解雇に踏み切った。

すでに英国に拠点を置くマクラーレン、ウィリアムズ、レーシング・ポイント、そしてハースは、3か月間で最大2500ポンドまでの労働者の賃金の80%をカバーする助成金を請求することができるという英国政府のスキームを利用して従業員の一時解雇を実施している。

スイスのヒンウィルに拠点を置くアルファロメオも500名の従業員の多くの一時解雇を実施したと報道。Blick によると、スイスでも英国と同様のスキームがあり、労働者が失業を回避し、社会的保護を維持し、年金制度を存続させることができるとしている。

フェラーリのF1チーム代表を務めるマッティア。ビノットは、どんなレース週末フォーマットにも柔軟に対応するが、2021年の予算上限の引き下げなど、他の取り組みについては“感情的になることを避ける”必要があると警告している。

「我々には異なる状況があることを忘れてはならない。おそらくすべてのチームに等しい単一の予算上限ではない共通の根拠を見つけることが重要だ」とマッティア・ビノットは語った。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / アルファロメオ・レーシング