【動画】 アルファロメオ、2020年F1マシン『C39』のエンジンを初始動
アルファロメオ・レーシングは、2020年F1マシン『C39』のフェラーリ製F1エンジンを初始動。動画をソーシャルメディアで公開した。

アルファロメオ・レーシングは、2020年にロバート・クビサをリザーブドライバーに迎えるとともに、クビサの後援企業であるポーランドの石油会社PKNオーレンを共同タイトルスポンサーに迎えて、『アルファロメオ・レーシング・オーレン(Alfa Romeo Racing ORLEN)』として参戦する。

ザウバー時代からのマシン名を引き継いで『C39』と名付けられるアルファロメオの2020年F1マシンは、PKNオーレンのコーポレートカラーをフィーチャーしたカラーリングを採用するとされている。

アルファロメオ・レーシングは2月7日(金)、ヒンウィルのファクトリーでC39に搭載したフェラーリ製F1エンジンを初始動させたことを報告。ファイヤーアップ時の模様を動画で公開した。


また、2021年の全面的なレギュレーション変更に先立ち、今シーズンはレギュレーションが安定しているため、大部分のチームの2020年F1マシンは2019年の延長のようなものになると考えられているが、アルファロメオは異なるアプローチをとったようだ。

アルファロメオは、昨年12月にクラッシュテストに挑んだ際にシャシーが大破。今年2回目の試みで合格したが、非常に極端な形状のフロントノーズを採用しており、前面衝突テストを繰り返さなければならなかったとされている。

アルファロメオのF1チーム代表を務めるフレデリック・ヴァスールは「我々は完全に新しいマシンを作っている」と語っている。

アルファロメオは、プレシーズンテスト初日の現地時間8時15分からカタロニア・サーキットのガレージで新車『C39』のお披露目を実施。レースドライバーのキミ・ライコネンとアントニオ・ジョビナッツィ、そして、ロバート・クビサがアンベールを行う。



このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / アルファロメオ・レーシング / F1マシン