ウィリアムズF1のアルボン 「FP2を逃すことで心配なのは雨だけ」 / F1ブラジルGP
アレクサンダー・アルボンは、F1ブラジルGPのフリー走行2回目を逃すことで心配なのは「雨だけ」だと語る。

アレクサンダー・アルボンは、金曜日のプラクティスをドライブし、予選を終えた後、土曜日の朝に行われる2回目のプラクティスを将来のチームメイトになる可能性があるローガン・サージェントに引き渡す。

1時間のトラックタイムを逃すにもかかわらず、アレクサンダー・アルボンは1回目のセッションよりも2回目のプラクティスを欠場した方がいいと語る。

「確かに、それは小さな効果をもたらすだろう」とアレクサンダー・アルボンは語った。

「もちろん、予選が行われるのは金曜日なので、ここではFP1よりもFP2を失った方がいい。 一般的に言えば、それでいいと思う」

「主な懸念は明らかに、土曜日がウェットで金曜日がドライである場合だ。その場合、スプリント レースで少し学習する必要があるかもしれない。でも、それはそれで楽しいだろうね」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / アレクサンダー・アルボン / ウィリアムズ / F1ブラジルGP