アレクサンダー・アルボン、F1ファンにメッセージ「シンガポールで会おう」
アレクサンダー・アルボンは、虫垂炎にかかって退院した後、ソーシャルメディアでファンに向けてメッセージを送り、目標は2週間後のF1シンガポールGPに向けて完全な状態になることだと語った。

先週末のF1イタリアGPの最終プラクティスに先立って、アレクサンダー・アルボンが虫垂炎と診断されたことが発表された。ウィリアムズ・レーシングの声明によると、アルボンは「予期せぬ手術後の麻酔合併症で呼吸不全に陥った」ことで集中治療室に移され、人工呼吸器を装着された。

しかし、火曜日に無事退院したアレクサンダー・アルボンは、金曜日の夜にファンに向けて、F1シンガポールGPに向けて体調を整えることに取り組んでいると語った。

「気分はかなりいい。大丈夫だ」とアレクサンダー・アルボンは自身のソーシャルメディアに投稿したビデオで語った。

「もちろん、土曜日にちょっとした問題があったけど、医師は素晴らしい仕事をしてくれました。火曜日までに健康で退院できたことにとても感謝している」

「それ以来モナコにいて、歩き回れるようになった。目標はシンガポールまでに準備を整えることだけど、タフなものになるだろう。僕たちが参加するレースの中で最もタフなレースの1つなので、簡単ではないけどが、目標を高く掲げて、何が起こるか見てみよう」

「そして、すべての親切なメッセージに簡単なメッセージで感謝を伝えたい」

「全部読んだといいたいけど、できる限り多く読んでいる。多くの意味がある。ありがとう、シンガポールで会おう」

アレクダンダー・アルボンがヤス・マリーナ・サーキットで走ったのは、レッドブル時代の2019年F1シンガポールGPの1回だけでそのとき6 位入賞を果たしている。



このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / アレクサンダー・アルボン / ウィリアムズ