F1:アレクサンダー・アルボン、2022年にインディカー転向の噂
レッドブルF1のリザーブドライバーを務めるアレクサンダー・アルボンが、2022年にインディカーに転向する候補者として議論されている。

昨年までレッドブル・レーシングのF1ドライバーを務めていたアレクサンダー・アルボンだが、今年はセルジオ・ペレスの加入によってシートを喪失。レッドブルとの契約を維持して両方のF1チームのリザーブドライバーを務めながら、DTMに参戦している。

ベテランジャーナリストのマーシャル・プルエットによると、アレクサンダー・アルボンは、ロマン・グロージャンがインディカーにどれほどうまく適応したかを見た後、米国で彼のレーシングキャリアをリセットする機会を模索していると RACER で語った。

「インディカーでのグロージャンの競争力に触発されて、元レッドブルF1ドライバーのアレクサンダー・アルボンがアメリカでのリブートを検討していると聞いた」とマーシャル・プルエットは語った。

「F1シートを失った後、彼は現在、レッドブルに代わってDTMシリーズでレースをしている」

アレクサンダー・アルボンは、レッドブルから契約を解除されているわけではないが、若者のリアム・ローソン、ユーリ・ビップス、ジャック・クロフォード、その他のレッドブルジュニアジュニアの台頭により、F1に戻る方法を見つけるのは困難だ。

インディカーは近年、F1ドライバーにとってますます魅力的な提案になり、この分野での才能の深さは、間違いなく、常に高いものになっている。F1のベテランであるロマン・グロージャンは、ハースF1のシートを失った後、2021年にインディカーに展開したが、すでに表彰台を獲得するなど、インディカーでの生活にうまく順応している。

「フリーエージェントの中で最も切望されている見込み客として1人のドライバーを位置付ける必要があるとすれば、それはデイル・コイン・レーシングのロマングロージャンだ。フランス人は、彼の新しいアメリカの冒険について学ばなければならないすべてを持っているにもかかわらず、カテゴリーのベテランのようなパフォーマンスを発揮している」

「登竜門になh新鮮なドライバーが深刻に不足しているため、グロージャンはアンドレッティ・オートスポーツ、アロー・マクラーレンSP、レイホール・レターマン・ラニガン・レーシング、チーム・ペンスキーのターゲットとなる可能性がある」

マーシャル・プレットは、アンドレッティ・オートスポーツがアレクサンダー・アルボン、そして、ロマン・グロージャンの目的地になる可能性があると信じていると書いた。

「前述のすべてのチームの中で、アンドレッティはグロージャンの名前が最も頻繁に言及されている場所だ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / アレクサンダー・アルボン / レッドブル / インディカー