アレクサンダー・アルボンが語る『オーバーテイクの美学』 / レッドブル・ホンダF1
“ミスター・アラウンド・ジ・アウトサイド”と称されるアレクサンダー・アルボンが、自分のドライビングスタイルやF1ドライバーとしての矜持について語った。

2020年のF1世界選手権 第9戦 F1トスカーナGPでアレクサンダー・アルボンがスタイリッシュにF1キャリア初表彰台を記録したが、実はもっと前に記録されると予想されていた。なぜなら、このタイ国籍ドライバーは他のドライバーを華麗に抜き去る才能を備えているからだ。

また、アレクサンダー・アルボンはアウトサイドから長い距離を走ってライバルたちをオーバーテイクすることを厭わないため、“ミスター・アラウンド・ジ・アウトサイド / Mr. Around The Outside” というニックネームを授かっている。本人はこのスタイルについて、インサイドが空いているなら飛び込みたいがラインを閉められてしまう時が多いので、仕方なくアウトサイドから仕掛けていると説明している。

アレクサンダー・アルボンが自分のスタイルと、自分のスタイルにフィットするサーキットについて語った。

「僕のレーシングスタイルは僕の性格とは大きく異なっていると思う。ヘルメットを被っていない時の僕はのんびりしていてお気楽だけど、レーストラックの上ではかなりアグレッシブだ。ハンドリングは冷静だけど、ムーブやアタックは大胆なんだ。狙っていたポジションよりも低いポジションからスタートするレースでは、ライバルたちを抜いてポジションを上げていかなければならないから理想のレースとは言えないけれど、何よりも楽しいんだ」とアレクサンダー・アルボンは語る。

アグレッシブなスタイルと自信と共にアウトサイドから豪快にオーバーテイクを仕掛けるアレクサンダー・アルボンには、そのドライビングを最大限活用してベストリザルトを引き出せる "相性の良いサーキット" がいくつかある。アレクサンダー・アルボンが説明する。

「僕が大好きなのは、ブレーキングの回数が少ない高速サーキットだ。だから、シルバーストンと鈴鹿は最高だし、スパも相性が良いね。これらのサーキットではF1マシンをドライブしているっていう実感が得られる。逆にモンツァはそんなに好きじゃない。スピードが感じられないからね。ダウンフォースが得られないからマシンが落ち着かない。でも、シルバーストンは高速サーキットでダウンフォースが得られるから別世界のフィーリングが得られるんだ。まさにアンビリーバブルだよ」

アレクサンダー・アルボンは今年F1で2シーズン目を迎えているヤングドライバーのひとりで、長年の経験を持つベテランドライバーに囲まれている状況だが、本人はどのライバルも同じだと考えている。アレクサンダー・アルボンが説明する。

「それぞれが独自のアタックとディフェンスのスタイルを持っているし、経験豊かなドライバーは限界を知っているから無理をすることはない。そういうベテランとレースするのはクールだけど、僕は気圧されていない。ただのライバルドライバーとして捉えている」

トスカーナGPのアレクサンダー・アルボンは、ダニエル・リカルドを “アラウンド・ジ・アウトサイド” して3位でフィニッシュし、本人(とタイ)にとって初のF1表彰台を記録したが、彼にはレースでは常にアグレッシブなドライブをするべきだという強い信念がある。

「常にプッシュするべきだよ。なぜなら、レースではどのライバルも自分の前に出ようとするわけだからね。タイトル争いに加われていて、レースを快適に進められているなら、無理にアタックする必要はないと思うかもしれない。でも、そういう状況でもプッシュしてアグレッシブなドライブをするべきだと思う」

F1ドライバーの心の中は「アタックする」と「チームのため」の間で常に揺れているように思えるが、リスクを負って前に出る姿勢がなければ、そもそもF1ドライバーになることはできない。アレクサンダー・アルボンが続ける。

「前走するマシンを5m先に捉えて、強烈なムーブで前に出ようとする瞬間まではチームのためになるべくポジションを上げることを考えている。そういうアタックの瞬間、リスク&リワードの瞬間はF1ドライバーを魅了する。でも、結局のところチームにとって一番大事なのはポイントだということは全員が理解しているよ」

表彰台を記録したアレクサンダー・アルボンはギアをさらに上げて成長を続ける準備ができている。アレクサンダー・アルボンは次のように締め括っている。

「自分のパフォーマンスをひとつずつ評価して、自分自身と厳しい現実を直視することで僕たちは成長していく。信頼できる仲間に囲まれ、自分が成長させたいエリアに集中して、ポジティブな結果を次に活かしていくことが重要だね」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / アレクサンダー・アルボン / レッドブル / ホンダF1