アレクサンダー・アルボンも人種差別の抗議キャンペーンに参加 / レッドブル・ホンダF1
レッドブル・ホンダF1のアレクサンダー・アルボンが、ルイス・ハミルトンがF1界の初動を批判したジョージ・フロイドさんの死亡事件に対する人種差別抗議運動である“Black Lives Matter(黒人に対する不当な暴力などに抗議)”に加わった。

米北部ミネアポリスで、警官から首を膝で押さえつけられ、助けを求めながら死亡した黒人男性のジョージ・フロイドさんの死は、米国および世界中で平和的もしくは暴力的な抗議につながっている。

だが、ルイス・ハミルトンは“白人支配”のF1界が問題に対して声を上げないことを批判。すると、シャルル・ルクレール、ダニエル・リカルド、ランド・ノリス、ニコラス・ラティフィといった仲間のドライバーが応じ、ソーシャルメディアで#BlackLivesMatterのハッシュタグを添えて意識向上を呼び掛けた。

イギリス生まれのタイ人であるアレクサンダー・アルボンもInstagramで長文のメッセージを投稿してそれに続いた。

「正直なところ、自分が話す立場にないように感じたので、ジョージ・フロイドさんの死についての発言にかなり躊躇していた」とアレクサンダー・アルボンは語った。

「僕は非常に特権的な方法で育った。学校でも、近所でも、レースでも、あらゆる形態の人種差別から守られていた」

「僕はそれを経験したことがないので、どのような言葉で表現すればいいのか本当にわからない。でも、僕はそれが問題の一部であることに気づいた。黙っていることは良いことではないし、誰もが僕が成長した方法を経験ができるはずだ」

「悪いことを変え、扱うのに遅すぎることはないと言われてきた。これは正義についてのことであり、人種的平等に立ち向かうことが重要だ」

「ジョージ・フロイドさんに起こったことは許しがたいことだ。多くの人にとってきっかけとなる出来事であり、改革し、より良い世界を創造することは僕たち全員にとっての義務だ」

「では、僕たちはどうすれば手助けできるだろう? 1つの方法は、声を出し、意識を広めることだ。寄付をすることもできる。でも、何よりも、親と一緒にいるときでも、友達と学校にいるときでも、同僚と仕事をしているときでも、どんな形であれ、人種差別を容認することはできない」

「余談だけど、皆さんはおそらく僕がソーシャルメディアであまり活動的ではないことを知っていると思う。実際、僕はほとんどの場合それを避けようとしてきた。でも、僕が見たことが1つあるとすれば、この話題は僕たちのコミュニティの間に対立と分離を引き起こした。みんな、愛を守だろう!」

ウィリアムズF1のジョージ・ラッセルもいくつかの言葉で人種差別と不正に対抗するために共同体に立ち向かうよう促した。

「僕たち全員が、何が正しいのかに声に出していうことができる声を持っている。そして、僕は今までこのような状況で僕をどのように使えばいいかわからなかった」とジョージ・ラッセルは語った。

「シャルル・ルクレールの言葉の繰り返しになるけど、僕はこのような残虐行為について自分の考えを公に共有するのは場違いだと感じていた」

「僕は今、ニュースやソーシャルメディアで目にしていることを理解するのに苦労している。正直なところ、自分の気持ちを表現する言葉を見つけることができない。でも、結局、どんなに不快であっても、声を出さなければならないし、沈黙は何も達成しない」

「今まで以上に僕たちはこの世界での平和と平等を必要としている。今こそ、僕たち全員が力を合わせて、人種差別を社会から完全に追い払う時だ」

「みんなの声を使って、可能な限り意識を広めてほしい。僕たちは皆、不当な処置を終わらせる責任がある。#BlackLivesMatter」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / アレクサンダー・アルボン / レッドブル / ホンダF1