マックス・フェルスタッペン
ジャック・ヴィルヌーヴは、マックス・フェルスタッペンがトロ・ロッソでF1史上最年少となる17歳でレースドライバーデビューを果たそうとしているのは“侮辱”だと語った。

カートから卒業してわずか1年で、マックス・フェルスタッペンは、2015年にレッドブルのジュニアチームであるトロ・ロッソからF1デビューする契約を結んだ。

辛口で知られるジャック・ヴィルヌーヴは「本当のところを言うべきかい? マックスのことは侮辱的だと考えている。レッドブルは子供をF1に乗らせようとしていることに気づいているのか?」と Omnicorse に述べた。

「彼が速いことに疑いはないが、経験がまったくない。僕がF1に来たのは25歳で、インディカーで優勝した後だった。他人の人生を相手に戦う前に学ぶ必要がある。そして、それを教えるのはF1の役割ではない」

FIAは、F1に18歳という年齢制限を定めたが、それも十分ではないとジャック・ヴィルヌーヴは考えている。

「21歳が最低限だ。F1には勝者として、そして、豊富な経験を携えてからやってくるべきだ。F1はそこにきてからドライバーとして成長していくような場所ではない」

さらに、ジャン・ヴィルヌーヴは、レッドブルでさえもマックス・フェルスタッペンのデビューが引き金になって起こり得る議論について準備ができていないと述べた。

「17歳のデビューはF1にとってネガティブなメッセージだ。それに、ここまでの影響はレッドブルが期待していたほどポジティブなものじゃなかったと思う」

一番の問題は、現代のF1マシンがあまりにも容易にドライブできるようになったことだとジャック・ヴィルヌーヴは述べた。

「フェルスタッペンがやってきて、10周ほどですぐに強さが見えてくる。誰でもF1マシンをドライブできるかのようだ。僕の父の時代は、ドライバーたちはほぼ不可能なモンスターを駆るヒーロだとみなされていた」

「僕がたどり着いたときは、インディカーから来たというのにもかかわらずF1に感銘を受けた。でも、今のF1はエキサイティングではない。マシンは遅く見える」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ジャック・ヴィルヌーヴ | マックス・フェルスタッペン