セバスチャン・ベッテル
FIAは、メキシコGPの決勝レースでレースディレクターのチャーロー・ホワイティングに暴言を吐くたセバスチャン・ベッテルに懲戒処分を科さないことを明らかにした。

セバスチャン・ベッテルは、マックス・フェルスタッペンしてもポジションを譲らなかったことに怒りを爆発させ、レース終盤に無線でチャーリー・ホワイティングに放送禁止用語で2度「うせろ!」と発言した。

レース後、マックス・フェルスタッペンにはペナルティが科され、セバスチャン・ベッテルは表彰台セレモニー後に個人的にチャーリー・ホワイティングに謝りに行った。

さらに10月31日(月)には、セバスチャン・ベッテルはの件について謝罪する文書をFIAに送っている。

FIAは11月1日(火)にプレスリリースを発表。セバスチャン・ベッテルの丁寧な謝罪に触れ、戒告や罰金、レース出場停止等の処分は行われないことを認めた。

FIAは「本インシデントの直後、セバスチャン・ベッテルは自発的にチャーリー・ホワイティングを探し出し、個人的に自身の振る舞いについての後悔の念を表した」とリリースで説明。

「その後、彼は自らFIA会長のジャン・トッドとチャーリー・ホワイティングに文書を送り、その中で自らの行いについて謝罪した。また、同様にマックス・フェルスタッペンにも連絡を取るつもりであることを示唆し、このようなインシデントが2度と起こらないことを誓った」

「誠実な謝罪と強い決意により、FIA会長は例外的な措置として、FIA国際裁判所に本件を持ち出すことによってベッテルに何らかの懲戒措置を科すことをしないと決定した」

「FIAは常にモータースポーツにおいて、特にオフィシャルおよび/同じ参加者らに対しての暴言の使用をとがめる意向であり、チャンピオンシップに参加するすべての者に対して敬意を持ち、彼らが公衆、特に若い世代の模範となることに心を配るよう求めている」

「FIAは、この機会にメキシコで起こったものと同様のインシデントが将来的に発生した場合、FIA国際裁判所に持ち出してその判断を仰ぐことにり、懲戒的な措置が取ることを勧告する」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: セバスチャン・ベッテル | フェラーリ | FIA