セルジオ・ペレス
セルジオ・ペレスは、交渉が難航したことで、今シーズンでフォース・インディア離れる寸前だったと述べた。

セルジオ・ペレスは、スポンサーとフォース・インディアとの交渉が長引き、ルノーへの移籍が噂されていた。

だが、最終的にセルジオ・ペレスは2017年もフォース・インディア残留が決定。

チームメイトのニコ・ヒュルケンベルグがルノーに移籍し、後任としてエステバン・オコンが加入することになった。

「本気で離脱を考えるところまで来ていた」とセルジオ・ペレスは Autosport にコメント。

「一時はフォース・インディアとの交渉があまりスムーズに行かなそうだった」

「僕の目標はもう一年残留することだったけど、このビジネスでは決してどうなるかわからない」

「サインして発表されるまで、どんなことも起こり得るし、僕はそれを以前に経験している」

セルジオ・ペレスは“ルノーだけでなく、複数のチームから関心があった”ことにとって自信を高めることができたと語る。

「他チームが自分を欲しがってくれると感じることはドライバーにとって非常に特別なことだ。それらの全てに感謝している」とセルジオ・ペレスはコメント。

「少なくとも3〜4チームから多くの関心があったし、それは本当に嬉しかった」

「でも、僕にとってベストな将来はここに残ることだ」

セルジオ・ペレスは、ザウバーで表彰台を獲得した後の2013年にマクラーレンに移籍したが、チームは調子を落としていたことで苦戦を強いられた。それはセルジオ・ペレスの評価にも影響を与えた。

セルジオ・ペレスは、その経験がフォース・インディアに残留するという決断に“確実”に役立ったと語る。

「また間違った決断をしたくはなかったし、これが僕にとって最も安全なオプションだった」

「僕はまだ26歳だし、僕の前には楽しい年月があると信じている。次世代のクルマがどうなるか、次に何が起こるか見てみよう」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: セルジオ・ペレス | フォース・インディア