マノー エステバン・オコン
マノーのレーシングディレクターを務めるデイブ・ライアンは、エステバン・オコンにF1レースシートを与えて以降、チームは十分に良い仕事ができていないと感じている。

エステバン・オコンは、夏休み中にリオ・ハリアントと交代し、F1ベルギーGPでデビューを果たしたが、デビュー戦がブレーキダクトの故障で妥協を強いられた。

続くF1イタリアGPでは、フリー走行1回目と予選前にデイブ・ライアン曰く“受け入れがたい”電気系のトラブルに見舞われた。

先週末のF1シンガポールGPでは、セーフティカー中にフェリペ・ナッセを追い越したことで5秒のタイムペナルティを科せられ後、2度の遅いピットストップに耐えた。1回目のピットストップには75秒かかり、3回目には15秒かかった。

「手順が間違っていた。だが、まだどれかはわかっていない。ビデオを調査し、自分たちで確認する必要がある。そうすれば、我々はそこに取り組んでいける」とデイブ・ライアンはコメント。

「我々はクルマにホイールを取り付ける部分に問題があった。そのあとホイールナットに問題があり、別のセットに変えなければならなかった」

「もう一つはまったく別の問題だった。うまくいかなくなり始めたら、止めるのが難しい問題のひとつだった」

「だが、そうあるべきではない。我々は特定の方法で状況にうまく対処するために準備しなければならない。だが、我々はそうではなかった」

デイブ・ライアンは、問題を続けないようにするのは、チーム全員、そして、主にリーダーとしての自分自身の責任だと感じている。

「エステバンは良い結果を出せる」とデイブ・ライアンはコメント。

「我々はモンツァで彼と良いレースができなかったし、シンガポールでもピットストップで彼を失望させてしまった。最終スティントの彼はそのタイヤで本当に良いペースがあったのでとにかく期待外れだった」

「全ての手順と状況を適切にするという点で、我々、私が十分に良い仕事をできていないのはかなり明らかだ」

「我々はそれを調べる必要がある。我々全員が責任を受け入れ、それに取り組んでいかなければならない」

「努力が欠けているわけではない。スタッフは多くのプラクティスを行っており、我々はそれに取り組んでいる。だが、我々はそこにたどり着いていない」

「全員が責任を引き受けなければならない。私もだたそこに座って、彼らに伝えたと言ってるわけにはいかない。それではうまくいかない」

「我々はチームであり、一緒に働いている。それが他の皆がやっていることであり、我々は少しも異ならない。我々も同じことをしなければならない」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: マノー | エステバン・オコン