F1 マノー
マノーは、F1に復帰する可能性を閉ざしてはいない。

2011年にF1参入したヴァージン→マルシャを引き継いでF1に参戦したマノーは、2016年に財政破綻。2017年F1マシンの設計を進めていたものの、投資家を見つけることができず、2017年シーズン開幕を待たずして消滅。

2015年にチームを離脱した創設者のジョン・ブースとグレアム・ロードンは、現在マノーの名前でFIA 世界耐久選手権(WEC)に参戦。今年はLMP1クラスに戦いの場を移し、キミ・ライコネンのエンジニアを務めていたデイブ・グリーンウッドが加入する。

マノーがF1復帰する可能性について質問されたグレアム・ロードンは「何も変化がなく、コスト制限もなく、コストが同じままであれば、戻ることはできない。ビッグチームと競争することは不可能だからね」と Turun Sanomat にコメント。

「だが、我々はFIAとリバティメディアからプライベートチームのためのコスト削減の作業が行われていると聞いている」

「その場合には復帰に興味がある。私とジョン・ブースの二人にとって、F1は未完成のビジネスだ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: マノー