フォース・インディア、FXTMとのスポンサー契約を発表

2017年2月22日
フォース・インディア FXTM
フォース・インディアは、世界的な外国為替ブローカー『FXTM』とスポンサー契約を結んだことを発表した。

FXTMは、ヨーロッパを中心にFXの取引サービスを提供する企業。

今回のスポンサー契約により、FXTMのロゴがVJM10のサイドポッドのリアセクション、ドライバーとチームのウェアに掲載される。

フォース・インディア、サングラスメーカーとスポンサー契約

2017年2月7日
フォース・インディア Foresight & Vision
フォース・インディアは、サングラスメーカー「Foresight & Vision」とスポンサー契約を結んだことを発表した。

今回のパートナーシップにより、フォース・インディアのドライバーやチームメンバーは、同社のブランド「Eye Respect」「LDNR」を着用。また、LDNRのロゴがVJM10とドライバーのレーシングスーツに掲載される。

セルジオ・ペレス 「ニコ・ヒュルケンベルグのルノー移籍は驚いた」

2017年1月20日
セルジオ・ペレス
セルジオ・ペレスは、ニコ・ヒュルケンベルグが2017年にフォース・インディアを離れてルノーに移籍するとわかったときは「驚いた」と認める。

セルジオ・ペレスは、昨年夏にスポンサーとフォース・インディアとの商業協定に関する議論が長引き、ルノーへの移籍が噂された。

フォース・インディア VJM10がクラッシュテストに合格

2017年1月9日
フォース・インディア VJM10
フォース・インディアは、2017年F1マシン『VJM10』が1回目の試みでFIAの義務的なクラッシュテストに全てが合格したことを発表した。

F1チームは、新車をトラックで走らせる前にFIAのクラッシュテストに合格しなければならないルールとなっている。2017年は、新しい空力とタイヤ規約が導入されるため、テストは特に重要となってくる。

フォース・インディア、2017年F1マシン『VJM10』を2月22日に発表

2017年1月5日
フォース・インディア VJM10
フォース・インディアは、2017年F1マシン『VJM10』を2月22日(水)に発表することを明らかにした。

F1は2017年に大幅なレギュレーション変更が行われ、F1マシンを速くするために新しい空力レギュレーションと幅の広いタイヤが導入される。

フォース・インディアは2月22日(水)にシルバーストーンでVJM10を発表。翌日には同サーキットでメルセデスがW08を発表する。

ニコ・ヒュルケンベルグ 「フォース・インディアには予算が足りない」

2016年12月31日
ニコ・ヒュルケンベルグ
ニコ・ヒュルケンベルグは、フォース・インディアが今シーズンのコンストラクターズ選手権4位からさらに前進するのは“非常に難しい”だろうと考えている。

ビッグチームと比較すれば、わずかな予算で運営されているフォース・インディアだが、今年はメルセデス、レッドブル、フェラーリに次ぐコンストラクターズ選手権4位という成績を残した。

エステバン・オコン 「フォース・インディアに選ばれたプレッシャーはある」

2016年12月30日
エステバン・オコン
エステバン・オコンは、フォース・インディアの2017年のドライバーに選ばれたことで、チームのために結果を届けなければならないというプレッシャーを感じていると語る。

フォース・インディアは、すでに契約を結んでいたニコ・ヒュルケンベルグがルノー移籍を選んだことで10月に新たなドライバーを探さなければならなくなった。

フォース・インディア、ジョニーウォーカーとスポンサー契約

2016年12月21日
フォース・インディア ジョニーウォーカー
フォース・インディアが、ジョニー・ウォーカーと複数年のスポンサー契約を結び、2017年から同社のロゴを掲載すると Autosport が報じた。

ディアジオ社のアルコールブランドであるジョニーウォーカーは、2005年からマクラーレンのスポンサーを務めており、2016年序盤に契約を延長したが、2017年が契約の最終シーズンとなる。

セルジオ・ペレス 「フォース・インディアを離れる寸前だった」

2016年12月18日
セルジオ・ペレス
セルジオ・ペレスは、交渉が難航したことで、今シーズンでフォース・インディア離れる寸前だったと述べた。

セルジオ・ペレスは、スポンサーとフォース・インディアとの交渉が長引き、ルノーへの移籍が噂されていた。

だが、最終的にセルジオ・ペレスは2017年もフォース・インディア残留が決定。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 · 6 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム