2017 F1 ドライバー
2017年の各チームのF1ドライバー契約が、消滅の危機にあるマノーを除いて確定した。

12月2日(金)は、2016年のF1ワールドチャンピオンであるニコ・ロズベルグが突然の引退を発表。チャンピオンチームのメルセデスに空席ができ、ドライバー市場は大きな混乱を生んだ。

だが、残りのピースは1月16日(月)に埋まった。

まず、ザウバーが、パスカル・ウェーレインの起用を発表。

続いて、ウィリアムズがバルテリ・ボッタスとの契約を解除して、後任にフェリペ・マッサが引退を撤回して復帰することを発表。直後にメルセデスがバルテリ・ボッタスとの契約を発表した。

2017年 F1ドライバー


メルセデス
44 ルイス・ハミルトン
77 バルテリ・ボッタス

フェラーリ
5 セバスチャン・ベッテル
7 キミ・ライコネン

レッドブル
3 ダニエル・リカルド
33 マックス・フェルスタッペン

マクラーレン・ホンダ
14 フェルナンド・アロンソ
2 ストフェル・バンドーン

ルノー
27 ニコ・ヒュルケンベルグ
30 ジョリオン・パーマー

フォース・インディア
11 セルジオ・ペレス
31 エステバン・オコン

ウィリアムズ
19 フェリペ・マッサ
18 ランス・ストロール

トロ・ロッソ
55 カルロス・サインツ
26 ダニール・クビアト

ハース
8  ロマン・グロージャン
20 ケビン・マグヌッセン

ザウバー
9  マーカス・エリクソン
94 パスカル・ウェーレイン

マノー
TBA
TBA

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1ドライバー