カルメン・ホルダ
ルノーの開発ドライバーを務めるカルメン・ホルダは、シミュレータで自分よりも“12秒遅かった”と述べた元ロータスの育成ドライバーであるマルコ・ソレンセンの主張に反撃した。

ロータスでテストドライバーを務めたマルコ・ソレンセンは、2015年にGP2で活躍することができず、シンルグシーターを離れ、WECへと転向している。

マルコ・ソレンセンは、最近のインタビューで、昨年ロータスに加入したカルメン・ホルダを批判した。

「彼女はシミュレーターで僕よりも12秒遅かった。それでも、彼女は全ての報酬を楽々と得ていた」とマルコ・ソレンセンは述べた。

だが、カルメン・ホルダは、マルコ・ソレンセンの主張に軽蔑的に答えた。

「正直、彼が誰なのかわかりません」とカルメン・ホルダは AS に述べた。

「これまでエンストンで彼に会ったことさえありません。去年、彼はチームの一員ではありませんでした」

「彼には自分のキャリアに集中してほしいですね。彼は、自分の業績を目立たせるために他の人や私を利用する必要があるんです」

カルメン・ホルダは、特にマルコ・ソレンセンが推定したラップタイムに不快感を露わにし、シミュレーターでロマン・グロージャンの1秒以内だったと述べた。

「(ソレンセンが)そんなことを言うのは信じがたいと思います」とカルメン・ホルダは述べた。

「去年、シミュレーターで私はグロージャンのだいたい1秒以内にいましたよ」

「ソレンセンの数字を信頼するなら...グロージャンより11秒上の誰かがいれば、グリッドの全てのF1チームが契約したがるのは確かです」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: カルメン・ホルダ | ルノー