2017年 F1マシン
カルロス・サインツは、2017年F1マシンのルックスは選手権を“別カテゴリー”のように見せるとし、それはまさにF1が必要としていることだと考えている。

2017年のF1マシンは、テクニカルレギュレーションが大幅に変更となり、空力や幅の広いタイヤなどによってルックスも変わることになる。

カルロス・サインツは、2017年のトロ・ロッソのシャシーを目にして、その見通りに興奮したと語る。

「風洞で見たよ。実際、今年とはまるで別のカテゴリーのように見える。それはF1が必要としているものだ」

「僕たちはハイブリッドF1と呼んでいるし、まだ完全なF1ではない」

「来年のクルマは、きとんとしたF1カーに見えるね」

レッドブルのダニエル・リカルドは、2017年にクルマが速くなれば、予選は良くなると考えているが、それがレースを強化するかどうかはわからないと語る。

「クルマが速いなら、それはクールだね」とダニエル・リカルドはコメント。

「レースではそうでもないかもしれないけど、予選でバルセロナのターン3を全開では走れたり、バルセロナのターン9で全開に近づけるのであれば、クールだ」

「実際に予選ラップでもう少し限界を攻められれば、それだけでもっと楽しくなるだろう」

「最終的にレースが今年と似たようなゆったりとしたスタイルになっても、それが悲観的だとは思わないし、それでOKだと思う」

「やっぱりタイヤなどを管理しなければならないことになると思う。すぐにそれが変わるとは思わない」

関連:F1:2017年F1マシンのルックスは80〜90年代を彷彿?

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: カルロス・サインツJr. | トロ・ロッソ | F1マシン