2017 F1マシン
フォース・インディアの技術責任者を務めるアンディ・グリーンは、2017年の新世代F1マシンを全面的に支持している。

現在、F1チームは、ワイドなシャシー、多くのダウンフォース、大きなタイヤを特徴とする2017年F1マシンに取り組んでいる。

2017年F1マシンのルックスはより“アグレッシブ”なものになるかと質問されたアンディ・グリーンは「間違いない」とコメント。

「80年代や90年代のマシンを思い出させるだろう。良いステップだ。私はあの頃のクルマが好きだ」

また、アンディ・グリーンは、2017年F1マシンが現行マシンよりもずっと速くなるだろうと語る。

「シーズン序盤のダウンフォースの増加は20〜25%になるだろう。だが、シーズン末までにはさらに多くなっていると思う。私は30〜35%になると推測している。これまで経験したなかで最大のステップだ」

だが、大きくなるシャシーとタイヤによってドラッグも増えることになり、ストレートでは20kph低下するだろうと推測するが、コーナリングスピードとブレーキ距離はより印象的なものになり、ハンガロリンクでは3〜4秒ラップタイムが短縮するとアンディ・グリーンは予測している。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1マシン