ジェンソン・バトン ラリークロス
先週、ホンダのラリークロスマシンをテストしたジェンソン・バトンだが、参戦するかどうかは“わからない”と認める。

ジェンソン・バトンは、将来的に父親ジョン・バトンが参戦していたラリークロスへ参戦したいとの意向を長く示してる。

マクラーレンのF1シートから退いたジェンソン・バトンは、昨年、2017年はアメリカのラリークロスと日本のSUPER GTの鈴鹿1000kmに参戦する可能性あると述べていた。

しかし、先週フロリダでオルスバーグMSEのホンダ シビッククーペ GRCカーをテストしたジェンソン・バトンは、目が覚めるようなものだったと認めた。

「もう少しリラックスした期間を設けていたい」とジェンソン・バトンはコメント。

「何かレースをしたいとは思っている。日本でSUPER GTの鈴鹿での1レースを走る可能性は十分になる。いくつかラリークロスにも出場したい」

「でも、学ばなけければならないことがかなりたくさんある。コンクリートでのレースには対処できるけど、ぬかるんだ路面で走ってすぐに、見当がつかなくなったよ!」

「素晴らしい経験だったし、そうだね、いつかはレースをしてみたい。でも、学ばなければならないことがたくさんある」

「でも、それは刺激的なことだ。それが僕がF1にいた理由でもあるしね。常に学ぶことはたくさんある。ラリークロスもそうなるといいね」

ジェンソン・バトン、ホンダのラリークロスマシン「シビッククーペ」をテスト
ジェンソン・バトン、ホンダのラリークロスマシン「シビッククーペ」をテスト

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ジェンソン・バトン | ホンダ