角田裕毅、ドライタイヤ交換直後にクラッシュリタイア / F1シンガポールGP
角田裕毅(スクーデリア・アルファタウリ)は、2022年F1シンガポールGPの決勝をクラッシュリタイアで終えた。

10番グリッドからスタートした角田裕毅は、20周目に挙動を乱してクルマがアンチストールに入るトラブルで12番手に順位を落としてレースを進めていた。

しかし、インターミディエイトからミディアムタイヤに履き替えた直後の36周目にターン10でクラッシュ。曲がる気配も止まる気配も見せず、まっすぐバリアに衝突した。

このクラッシュでセーフティカーが導入された。

角田裕毅 クラッシュリタイア 「完全にブレーキングポイントを間違えた」

角田裕毅 スクーデリア・アルファタウリ F1 シンガポールグランプリ

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / 角田裕毅 / F1シンガポールGP / アルファタウリ