角田裕毅 クラッシュリタイア 「完全にブレーキングポイントを間違えた」 / スクーデリア・アルファタウリ F1シンガポールGP 決勝
角田裕毅(スクーデリア・アルファタウリ)は、2022年 F1シンガポールGP の決勝をクラッシュリタイアで終えた。

10番グリッドからスタートした角田裕毅は、20周目に挙動を乱してクルマがアンチストールに入るトラブルで12番手に順位を落としてレースを進めていた。しかし、インターミディエイトからミディアムタイヤに履き替えた直後の36周目にターン10でまっすぐバリアに衝突してリタイアでレースを終えた。

「今日のコンディションは本当にトリッキーで、インターミディエイトタイヤからスリックへの交換を判断するのは難しかったのですが、僕たちは早めに交換しました」と角田裕毅はコメント。

「難しいドライビングになりましたが、タイムが上がり始めたので、状況はよかったです。しかし残念ながら、完全にブレーキングポイントを間違えてオーバースピードでコーナーに進入してしまい、バリアに突っ込んでしまったので、とても悔しいです」

「この週末のことを反省し、来週のホームレースに備えます。F1マシンで初めて鈴鹿を走ることを楽しみにしています」



このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / 角田裕毅 / F1シンガポールGP / アルファタウリ