角田裕毅 「次戦にむけてロングランのペースを改善する必要がある」 / スクーデリア・アルファタウリ F1イタリアGP 決勝
角田裕毅(スクーデリア・アルファタウリ)は、2022年F1シンガポールGPの決勝を14位で終えた。

複数のペナルティによって最後尾グリッドからスタートした角田裕毅はミディアム-ハードと繋ぐ1ストップ戦略を選択。ミディアムでの第1スティントは比較的好調で19周目にピットインするまでに12番手まで順位を上げていたが、ハードでの第2スティントに苦戦。1周遅れの14位でレースを終えた。

「グリッドの最後尾からレースをスタートするのはいつも難しいですが、今日のスタートはうまくいって、何度かオーバーテイクをすることもできました」と角田裕毅はコメント。

「ハードタイヤのペースは苦労しましたが、ロングランのペースを次のレースに向けて改善していかなければなりません」

角田裕毅 スクーデリア・アルファタウリ F1 イタリアグランプリ

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / 角田裕毅 / F1イタリアGP / アルファタウリ