角田裕毅、パワーユニット交換でピットレーンスタート / F1ベルギーGP
角田裕毅(スクーデリア・アルファタウリ)は、F1ベルギーGPの予選後にパワーユニットを交換。決勝をピットレーンからスタートすることになった。

角田裕毅は、土曜日の予選Q1の最後のアタックでタイヤをロックアップさせ、19番手でQ1敗退。他のドライバーのペナルティによって13番グリッドからスタートする予定だった。

しかし、スクーデリア・アルファタウリは、レースに先立って角田裕毅の車にいくつかの新しいパワーユニットコンポーネントを取り付けることを選択。新しい内燃エンジン、ターボチャージャー、MGU-H、および MGU-Kを投入した。

この交換はFIA(国際自動車連盟)の技術代表の承認なしに行われたため、角田裕毅はピットレーンからレースを開始する必要がある。

チャンピオンシップリーダーのマックス・フェルスタッペンを含めたグリッド降格ペナルティを受けたすべてのドライバーが、暫定的なスターティング ポジションから 1 つ順位を上げることを意味する。

マックス・フェルスタッペンは、日曜日に15番グリッドからスタートする予定だったが、14番グリッドに繰り上がり、逆転勝利への希望を少し後押しされた。

マックス・フェルスタッペンは、Q3で1回しか走っていないにも関わらず、土曜日の予選で0.6秒差でトップに立っており、パドックの多くの人が勝利の可能性を示唆している。メルセデスF1のジョージ・ラッセルは、フェルスタッペンがスタートポジションが低いにもかかわらず、「快適に」レースに勝つことができると考えている。

予選後、これまでの勝利の可能性について尋ねられたマックス・フェルスタッペンは「そのためには少し運が必要だ」と語った。

「オープニングラップで多くのタイムを失わないように、最初の数周で少し運が必要だ。DRSトレインがあれば、追い越すのははるかに難しくなる」

2022年 F1ベルギーGP 暫定スターティンググリッド

GridNoドライバーチーム予選
155カルロス・サインツフェラーリ2 (↑1
211セルジオ・ペレスレッドブル3 (↑1)
33フェルナンド・アロンソアルピーヌ6 (↑3)
444ルイス・ハミルトンメルセデス7 (↑3)
563ジョージ・ラッセルメルセデス8 (↑3)
623アレクサンダー・アルボンウィリアムズ9 (↑3)
73ダニエル・リカルドマクラーレン11 (↑4)
840ピエール・ガスリーアルファタウリ12 (↑4)
918ランス・ストロールアストンマーティン14 (↑5)
105セバスチャン・ベッテルアストンマーティン16 (↑6)
116ニコラス・ラティフィウィリアムズ17 (↑6)
1220ケビン・マグヌッセンハース18 (↑6)
1377バルテリ・ボッタスアルファロメオ20 (↑6)
1433マックス・フェルスタッペンレッドブル1 (↓13)
1516シャルル・ルクレールフェラーリ4 (↓11)
1631エステバン・オコンアルピーヌ5 (↓11)
174ランド・ノリスマクラーレン10 (↓7)
1824周冠宇アルファロメオ13 (↓5)
1947ミック・シューマッハハース15 (↓4)
PIT22角田裕毅アルファタウリ19


このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / 角田裕毅 / F1ベルギーGP / アルファタウリ