角田裕毅 「F1でセバスチャン・ベッテルの近くを走れたのは幸運だった」
角田裕毅(スクーデリア・アルファタウリ)が、F1引退を表明したセバスチャン・ベッテルについて語った。

2021年にF1デビューした角田裕毅にとって、セバスチャン・ベッテルとグリッドの並んだ時間は1年半しかない。それでも、バトルのなかで4回のF1ワールドチャンピオンから多くのことを学んだと角田裕毅は語る。

セバスチャン・ベッテルとの関係について角田裕毅は「正直、F1にステップアップした後の2年間しか経験がないですが、彼は素晴らしい人格者だと思います。それに彼は間違いなくF1にとって良いアンバサダーでもあります」とコメント。

「彼の近くで走ることができているのは本当にラッキーです。特に今年、アストンマーティンとアルファタウリはお互いにかなり拮抗していますからね、彼の後ろを入っているとき、さらには彼の前を走っているときでさえ、彼らかはたくさんのことを学びました」

「何度かしゃべったことはあるので、少し悲しいですが、同時に本当にラッキーでしたし、彼が残りのシーズンでF1を楽しんでくれることを願っています」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / 角田裕毅 / セバスチャン・ベッテル / アルファタウリ