アルファタウリF1の角田裕毅 「ガスリーからゆっくりと車にアプローチすることを教わった」
スクーデリア・アルファタウリの角田裕毅は、以前の「怠惰なライフスタイル」を捨てた後、F1で進歩していると語った。

昨年、角田裕毅のF1デビューは順調なスタートを切ったが、すぐに不規則な一連の事件に陥り、チームオーナーのレッドブルは角田裕毅にイギリスからイタリアのスクーデリア・アルファタウリのファクトリーの近くに転居するように命じた。

角田裕毅は、それが良いアイデアだったと言る。

「それは単なるストーリーではありません。それは本当です」と角田裕毅はServus TVに語った。

「イギリスに住んでいたときは良くありませんでした。起きて、プレイステーションで遊んだ後、何か食べるものを注文していました。そして、またプレイステーションをプレイしてから、もう一度何か食べるものを注文していました」

「もちろんトレーニングもありましたが、やや怠惰なライフスタイルでした。そのあとフランツ・トストは僕にイタリアのチームに近づくように説得しました」

「それは多くの点で僕を良くしました」

角田は、F1の初期段階は急な学習曲線であり、それほど難しいとは思っていなかったと語った。

「学習曲線で重要だったのは期待でした」と角田裕毅は説明した。

「すぐにF1に入り、すぐにポイントを獲得しました。簡単だと思いました。その後、クラッシュも発生したため、パフォーマンスが低下しました」

「マックス(フェルスタッペン)とピエール(ガスリー)を見回しました。僕は彼らがしたことをコピーしようとしました」

「ピエールは、週末にゆっくりと車にアプローチする方法を教えてくれるなど、僕を大いに助けてくれました」

「以前の僕はいつもすぐに完璧なラップを目指していました。だから、私はそれを変えました。アレックス・アルボンも素晴らしい先生です」

「今は自分をコントロールしていて、レースと週末全体にアプローチする方法を知っています」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / 角田裕毅 / ピエール・ガスリー / アルファタウリ