【動画】 角田裕毅、アルファタウリ・ホンダ AT01で走行を開始 / F1アブダビテスト
角田裕毅は、2020年のF1アブダビテストにアルファタウリ・ホンダF1から参加。今季マシン『AT01』でテストを開始した。

2020年最後の公式テストとなるF1アブダビテストが12月15日(火)にわたって最終戦F1アブダビGPの舞台となったヤス・マリーナ・サーキットでスタート。

ホンダF1の育成ドライバーである角田裕毅は、来季のF1デビューが噂されるアルファタウリ・ホンダF1から参加。今季マシン『AT01』で走行をスタートさせた。

すでにイモラでアルファタウリ・ホンダF1の2018年マシンでテストを実施している角田裕毅は、今回のテストに向けて次のように語っている。

「今回、アルファタウリのマシンでヤングドライバーテストに参加できることをとても楽しみにしています」と角田裕毅はコメント。

「11月のイモラ・サーキットでのテストでは、2018年型のF1マシンを使用しましたが、今回は他のチームと一緒に走る公式テストで2020年型マシンに乗ることになるので、本当に待ち遠しく感じています。また、このテストのために準備を整えてくれたアルファタウリと、テストの機会を与えてくれたレッドブルのヘルムート・マルコ氏にはとても感謝しています」

「テストではチームの指示に従ってプログラムを消化し、エンジニアに的確なフィードバックを返すことにフォーカスしていきます。もちろん、今回のセッションの中で学べることをすべて吸収し、確実に自身の成長につなげたいとも考えています」



このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / 角田裕毅 / ホンダF1 / F1動画 / アルファタウリ