ウィリアムズF1、ニック・デ・フリースをスペインGPのFP1に起用
ウィリアムズF1チームは、2022年F1第6戦スペイングランプリのフリー走行1回目にニック・デ・フリースを起用することを発表した。

今年、F1は少なくとも2回のフリープラクティスで若手ドライバーを乗せることを義務付けている。ウィリアムズF1チームは、メルセデスF1のリザーブドライバーで、現役フォーミュラEチャンピオンであるニック・デ・フリースをスペインGPのフリー走行1回目に起用することを決定した。

ニック・デ・フリースは、アレクサンダー・アルボンに代わってFW44をドライブし、フリー走行2回目にアルボンがFW44に戻った後もチームの予選とグランプリに向けた準備を支援する。

ニック・デ・フリースは「まず、FP1で走る機会を与えてくれたウィリアムズに本当に感謝している」とコメント。

「チームを知り、FW44を運転すること、そして。F1の週末にコースを走れることは僕にとって素晴らしいことだ。テストの準備はこれまで順調に進んでおり、チームは私を信じられないほどサポートしてくれている。今は今スペインでのすべての経験をとても楽しみにしている!」

ウィリアムズF1チームの車両パフォーマンス責任者を務めるデイブ・ロブソンは「FP1で車にニック・デ・フリースが乗ることを楽しみにしている」とコメント。

「新しいドライバーと一緒に仕事をし、車の長所と短所についてフレッシュな意見を得るのは常に良いことだ。ニックの経験とプロ意識は金曜日に非常に重要になる。彼はFP2で車をアレックスに戻す前にFP1の主要なエンジニアリングテストのいくつかを完了する」

ウィリアムズF1チームのスポーティングディレクターを務めるスヴェン・スメーツは「スペインGPでニックがFP1のチームに加わるのを楽しみにしている」とコメント。

「彼は非常に才能があり、経験豊富なドライバーなので、FW44での時間を最大限に活用し、チームに強力で有能なパフォーマンスを提供することは間違いない」

ウィリアムズ・レーシング

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ウィリアムズ / F1スペインGP